トゥルリーララ トゥルリーララあの愛 罪 真実答えなら 風の中 届かない 届けたいあの日の夢 あの頃の笑顔あぁ風に乗り 頬をくすぐる改札口 人並みに消えてあぁせつなさは 隠しきれない髪をなでてあがるから 瞳を閉じてあぁ何故 瞬間を戻す 風のいたずらトゥルリーララ トゥルリーララあの日のその涙よみがえる優しさは 君だから君だからわからず屋と 君がついた言葉あぁ今ならば ふり返れるさ言葉ふさぐ キスに
だけど どうしてそんなに強くいられるのだろうひとつ知るたび 背中遠く感じるその痛み この想い 永遠に 分かち合えなくてもいい ずっと そばにいるSave your soul... 傷つくあなたをあなたを そっと 守ってあげたいよSave your soul... 今はもう迷わない私にしかできないなら孤独なノイズ 聴こえないフリして俯いた日々出逢えた奇跡 見ないフリはできなくてあの言葉 あの記憶 偽
Dont love me, baby! すべて戯れ むしろスリルを楽しもう刺激的なキミが欲しい Falling with me アマいヤバい禁断の果実(み)変わり映えしない Everyday 脱ぎ捨ててしまえばいい死んでるような気分も 生きた心地もつまんないじゃないLike a spider ひらり舞う好奇心を 見逃さないDont love me, baby! すべて戯れ むしろスリルを楽しも
来るか来ないか わからぬ人を待てば吐息が こぼれますどうにもならない 恋なのにどうにもできない 人なのに尽すことさえ 許されず咲いて儚い かりそめの花あんな淋しい 瞳をされなけりゃ抱かれなかった あなたにはいつかは散り行く 恋だからいつかは消え行く 夢だからこれが最後と 決めたって逢えば崩れる かりそめの花胸の空き間に あなたが匂うにじむ涙の
遙かな記憶の残像は果敢なく浅い眠りから目覚めぬ胸に溶ける季節が葬送(みおく)る 幻想は眩しく満ちる風に舞い 巡り続ける誓いNo body knows my another sky溢れ出すこの衝動 もう誰にも止められない閉ざされた心を彷徨う 歪みに翳る太陽果てない空へ Fly away失くした世界で真実が瞬き名もなき星には鮮やかな詩(うた)が咲くSomebody loves you under the
その瞳(め)で何を見ている もしこの声が届いたならもうひとつの扉(め)を開(ひら)け 嫌ならそこを飛び出せどうする 最悪なのは 死にながら生きていることたとえば癒えることのない深い傷 たとえば途絶えることのない永い痛みそれがお前に どれだけ どれだけわかる?Fell alive for yourself きっと俺たちは それでも生きていくんだ喜び、怒(いか)り、哀しみ、楽しむ リアルな一瞬を立ちつ
モノクロの夢ノート落書きした 自分のサインとキミの名前 何度もトモダチのトモダチでめぐる季節すれ違ったまま急に旅立ったけど真夜中に溢れるメッセージキモチと反対を演じてしまういちばん大事なことはいつも目に見えないあの街のどこかでときめきを 願ってるの?キミを もう 知ってるようでまだ 知らない憧れより遠く感じてたとなりにいても三日月のベンチとか寄り道して今夜も眠らない星の王子様さなにげなくたどった
踊りましょう Show you いつもと違う君とLet me dance... 刹那 永遠(とわ)の月の下で今日の気分は 例えようがなくてもう 言葉を探すのさえ ”無意味”そんな気分だったのそう言う気もないコト 通じてる 何故?だけど そっとそこに触れずにいてくれる君のコトも
yo! go for thatその上 get a power of soul, I just wanna doきっと only
What now?ざらついた空気 聞けないWhy…I dont mindどうせ煙草(けむり)より カルイ your lies愛し合う時間の後に残った虚しさも抱いてよNothing to do, boy猶予はない 考えるより感じるままに夢を見たがる人は誰も失うまでは きっと気づかないMaybe…no wayすでに譲れない
さっきまでのハイな気分を引き止めてるモノは何?「まだまだこれから」って瞬間(とき)に常に付きまとう勝手気ままな性格を縛り付けるモノは何?全然平気なワケないじゃん むしろ急がなきゃ逃げ込むよりホントは抜け出したいんだろう?嘘くさい現実から 今すぐ君を乗せ...風を連れ...追い越す憂鬱な日常(ひび)のBorderlineもう止められない 流線形のDrive真直ぐに...真直ぐに...本能だけが知って
凍えてる夜空に つぶやいた想いのゆくえをおそれないで 走りだすあなたへ見せかけの愛なら そう上手くやるのに抱きしめてるときめき ごまかせなくてもう未来なんて見えなくても胸の鼓動二度とない今感じてるどんな時も守りたい確かな夢交わす言葉は必要ないからどんな時もやさしさに包まれてくふたりつなぐため息でいいアクセルを踏む様に 加速する想いは誰にも止められない 迷わずにあなたへあたたかいぬくもり つなぐ指伝
CRY FOR ME NOW CRY FOR ME NOW MOTTO...CRY FOR ME NOW CRY FOR
ヒ...ミ...ツ... そっとくちびるヒ...ミ...ツ... 塞いだ後すべてを見せてあげるヒ...ミ...ツ... 忘れないでヒ...ミ...ツ... 忘れさせて言葉がもう妨害(じゃま)になる(i can feel... if U can show me deep in
港 横浜 元町あたり二人寄り添う 恋の町ライトに浮かぶ ベイブリッジ俺とお前の 心をつなぐああ 潮風 香る横浜港 横浜 伊勢佐木あたり夜が明けない 恋の町愛のカクテル ホテルの部屋で語り明かそう 時計を止めてああ 満ちてる 夢の横浜港 横浜 本牧あたり別れ出逢いの 恋の町熱い想い出 二人胸にあるさ再び 逢えるじゃないかああ 入船 出船 横浜
Were flying higherWere flying higherLets fly togetherWell fly to the skyIve gotta goIve gotta
鮮やかな季節は この胸を擦り抜けすべてがそっと散った 花のように...晴れやかな空さえ色彩(いろ)のない心を曇らせ笑うためにうつむいてた人混みの中で二人 見失う未来何処から来て何処まで行けばいいの?「さみしい…」と言えなくて また独りになる記憶のノイズ消えるまで 君はずっとそこにいるの?大切な翼は過去形の気休めそれでも現状(いま)を蹴った 鳥のように...たおやかな世界を願いながら人は傷つき時代(
きっと手遅れだねもう始まってたそっとブレーキ試すMY HEARTどっかぎこちないSMILEゼンブ見透かされるWHY NOT?そっちは平気なPROFILE常識(かた)にハマった距離じゃないからYESかNOで応えられない熱くなるほど壊れるYOU AND I分かってるけど…ANYTIME I MISS YOUANYWHERE I NEED YOU何をしてもIM THINKING OF YOU日ごと夜ご
誰でもイイわけないでしょ? 自覚してdarlingこの手の平で転がす価値のあるthrillスキニサセテ…スキニサセテ…アレモ、コレモ、スキニサセテ…only you can...貴方なしで can not live貴方なしで can not loveとっくに知ってるmy list私だけに give your life私だけに
Tattoo Kissはじまりは赤と黒のPassion時に裏腹な心理(こころ)をたよりにTattoo Kiss切り札は未来を変えるMission恋に曖昧な結果(こたえ)はいらないありえない現実で見ないフリしてもBet得難い真実Can U feel me now?熱しやすい自分にSay what?戸惑う言い分Dreaminさめない夢堕ちてく宿命(さだめ)Dont stop lovinCant
不意に呼び出されてでかけてゆく私も 私だけれどアイツもアイツ...ベルを鳴らせばたいてい誰かがつかまる 真夜中だってよりかかってくる永遠につながる ほんとの「約束」は 今 誰が持っているんだろうDont say bye-bye to your life夢中になれる 時間をもっと つかみとりたいDont stop listening to your heart自分の場所が ここだって言える 
Heavenこの身はin the sky突然過ぎるfrom the blueAngels射止められた heart逆さに堕ちる…どっちが left or right(I was bad, bad, bad)わからない(I was
Movin your bodyAll night long partyI need nobody without youdont know whyDont bo shy!chew
本気にしてないフリで素直になれない攻防戦心拍数乱れる度戻れなくなりそうだ“今夜限り” を繰り返し何度でも味わっていたいぐちゃぐちゃ傷口一晩中舐めあっていようよ「二人で一緒の時でも何かがちょっと違うんだ穴の空いたポケットじゃたった一人の愛では繕う事ができない」って、なんて無意味なイイワケ最前線で愛したいよ全部脱がないままがあたしたちの距離なの?いつもワガママ自分勝手ねねぇ、いやだ一緒にいきたいよ洗濯
急かすように群がる hard luck流されて time is over予告通り take it easy連れ出すよ 今すぐhurry up (here we go)強引 only (最速drive)日常 見下ろす best viewsunset point (faborite)harbor
咲いたって 燃えたって恋は はかない 一年草といつか覚えた ひとり酒叱ってください 好きならばちいさな春の 陽だまりであなたに染まりたい おんな千日草ゆきずりに 淋しさにほんの はじめは 雨やどりでも今は いのちを 賭ける人泣かせてください 抱きしめてこの世の風に
『会いたい』なんて言いたくないの『さびしい』なんてもっとダメなんだひとりでも生きれるって事 君にアピールしていかなきゃ!だけど、そうなんだけど今はもうちょっとそばにいたいのいつもご機嫌うかがいあたしばかり好きみたいねつまんないの? 面倒くさいの?そんなことを考えてない?無意味なあたしの弱音を早くどこかへ消し去ってよこの目に映るのはいつも君だけそう 君だけわがままにはならないように立ち位置も少し控え
校舎の窓から見える景色はいつも曇って「誰か隠れてタバコを吸ってるからだわ」黒い髪の毛オシャレなメガネ スカートの長さは適度に「ねぇ先生、あたしわからないことがあるの」命より大事な大人の駆け引きどうしても素敵に見えてしまうわあたしが制服脱いだらもうこんなに大人なのにいけないことばっかりがどうしても気になるの嘘が大好き がまんは大嫌い「テスト勉強なんて全然してないよ」白いブラウス 小さなリボン スカー
めんどくさいのは好みじゃない泣くような女はタイプじゃない…って、そうなの?話がちがうロックンロールは売り物じゃないミュージックは生活だ…って、そうなの?あたしまだわからない夜になったら半額シール貼られちゃうからなるべく早めにお買い求めてあたしあなたが大好きだけどなんかちょっと理屈っぽいよなんかちょっとぎこちないよ楽器持たなきゃ素直になれないロックンロールボーイステージじゃ怖いものなんてないスポット
『大丈夫』と電話の向こう 本当はただの強がりだけど不安にさせたくない君の 気持ち気付いてるよ無邪気に笑う君の 指に光るお揃いのリングはどんなに離れてる時も 力を分けてくれるようであっという間の時間に 二人言葉も少なくなって気がついたら 無言のまま 瞳潤ませる君I dont wanna go そばにいて急に抱きついた君が恋しくてあと少し このままで 震える肩抱きしめるよこのまま いつまでも時間(ト