とおくで泣いてた君の声 ちいさな手はさみしい心を抱えたせいですねてるねみんなまもってる夢の…夢のせかい待つ胸は時のはざま ゆらゆらと愛する人を 未来へみちびくあしたへもどろう忘れても すぐにわかるあしたへおいでよ瞳の空が晴れたならみんなまねいてるここは…ここはいつもの優しさ時のまほう 信じたら愛する人は 勇気をいざなう
久遠(くおん)の静寂(しじま) やがて空に碧く 碧くとけて滲んで真昼の月の薄い影はすぐに すぐに未来を呼ぶ大地の息吹に包まれたら 何処へ涙還るの?傷ついてもいのちは優しく強くなるよ無限の祈り捧げながら今を 今を静かに閉じて聴こえる音色 森の彼方はやく はやく声にかえて世界の全てに赦されたら 愛の意味わかったの旅立つ日の雲から光が不意に見えた
「ザラード イラード ガラード」輝けジャンケル(オーオオー)空高く(オオー)技と 力と 心がかようザビタン(エエイ) イビル(エエイ)ガブラ(オーオオオオー)うなれ ジャンケルアクマイザー スリーゆくみちひとつ オー ただひとつこれがわれらの いきるみちアクマイザー (ザンザンザザン)アクマイザー (ザンザンザザン)アクマイザー スリー!空飛ぶ戦艦(オーオオー)ザイダベック(オオー)夢と 希望と 
まるで異国へ旅立つような重い鞄を小雨が濡らす船が港を離れたとたん見送るあなたと他人になるの*どこで荷物をほどいたらいいの愛にはぐれりゃみんなみなし児止めるあなたを捨てたのに未練が 未練が荒波燃やし渦を巻く*かすむ岬の灯りがつらい昨夜最後のなぐさめをしたもっと私に意気地があればあなたが立派になるまで待てた死んだつもりで追いかけた男一緒になったら泣かされ通し止めるあなたを捨てたのに霧笛が 霧笛が過去へ
ダッダッダダダダ ダダ星の地球強奪 ロボット軍とべとべ 兄き スカイゼル走れ 弟 グランゼルスクラム鉄の腕と腕バチッと火花の 大銀河ゴー ゴー ジェットゴー ゴー カー宇宙鉄人 キョーダインザッザッザザザザ 残忍な地球征服 機械部隊ゆけゆけ ジョージ スカイゼル進め リュージ グランゼルサイバロイドの 鉄塊ビビッとかよった 男意地ゴー ゴー ミサイルゴー ゴー カー宇宙鉄人 キョーダインドッドッド
さよならは 別れの言葉じゃなくて再び逢うまでの遠い約束夢のいた場所に未練残しても心寒いだけさこのまま 何時間でも 抱いていたいけどただこのまま 冷たい頬を 暖めたいけど都会は 秒刻みの あわただしさ恋も コンクリートの 籠の中君がめぐり逢う愛に 疲れたらきっともどっておいで愛した男たちを 想い出に替えていつの日にか 僕のことを 想い出すがいいただ心の 片隅にでも 小さくメモしてスーツケース いっぱ
例えばね 涙がこぼれる日にはその背中を ひとりじめしたいけど優しいは時々 残酷だから求める程 こたえを見失う雨上がりの街 虹が見えるなら今 歩き出そう 何かが始まる君がいるから 明日があるから一人きりじゃ生きてゆけないからこんなに近くに感じる それが愛でしょう涙の数の痛みを 君は知ってるから透き通るその目の中に 確かな意味を探して笑顔見つけたい何も言わないでも こんな気持ちが君の胸に 伝わればいい
光る 雲を突き抜け Fly Away (Fly Away)からだじゅうに 広がるパノラマ顔を 蹴られた地球が怒って (怒って)火山を爆発させる溶けた北極(こおり)の中に恐竜がいたら 玉乗り仕込みたいねCHA-LA HEAD-CHA-LA何が起きても気分は へのへのカッパCHA-LA HEAD-CHA-LA胸がパチパチするほど騒ぐ元気玉…Sparking!空を 急降下 Jet Coaster (Coaster
シャラララ素敵にキッス シャラララ素顔にキッスシャラララ素敵にキッス シャラララ素直にキッス明日は特別 スペシャル・デー一年一度の チャンスOh ダーリン Oh ダーリンI Love You!誰もが浮かれて カーニバル彼氏のハートを射止めてOh Baby, Oh Baby, Love Me Do!甘い甘い 恋のチョコレートあなたにあげてみても目立ちはしないから私、ちょっと、最後の手段で決めちゃうバ
Born from an egg on a mountain topThe punkiest monkey that ever poppedHe knew
Lonely くじけそうな姿 窓に映してあてもなく歩いた 人知れずため息つくIm proud 壊れそうで崩れそな情熱をつなぎとめる何か いつも捜し続けてたどうして あんなに夢が素直に見れなくなってた?街中で居る場所なんてどこにもない体中から愛がこぼれていた人混みをすりぬける 大人が誘いの手を引く経験が増えていく 避けて通れなくなってたさまよったって 愛すること誇れる誰かに会えなさそうで 会えそな
こんなこといいな できたらいいなあんなゆめ こんなゆめ いっぱいあるけどみんなみんなみんな かなえてくれるふしぎなポッケで かなえてくれるそらをじゆうに とびたいな「ハイ!タケコプター」アンアンアン とってもだいすき ドラえもんしゅくだいとうばん しけんにおつかいあんなこと こんなこと たいへんだけどみんなみんなみんな たすけてくれるべんりなどうぐで たすけてくれるおもちゃの へいたいだ「ソレ!
ふとした瞬間に 視線がぶつかる幸運(しあわせ)のときめき 覚えているでしょパステルカラーの季節に恋したあの日のように 輝いてる あなたでいてね負けないで もう少し最後まで 走り抜けてどんなに 離れてても心は そばにいるわ追いかけて 遥かな夢を何が起きたって ヘッチャラな顔してどうにかなるサと おどけてみせるの“今宵は私(わたくし)と一緒に踊りましょ”今も そんなあなたが好きよ 忘れないで負けないで
雨がみぞれに 変わる頃時計の針が昔に戻るあなたを忘れる手だてもなくて心は今も篭の鳥東京発 北国へ雪にこの身をさらしたら断ち切ることが出来ますか焦がれる思いをひとつづつすこしばかりの身支度を整える度 あなたが映るこぼれる涙も おもいでさえもあなたがくれた置土産東京発 北国へ肌に寒さがからみつく吹雪にじゃれる海猫を下りの電車(れっしゃ)が追いかける東京発 北国へ雪にこの身をさらしたら断ち切ることが出来
「ゴッドマン!」おーい ゴッドマン 聞こえるかいおーい ゴッドマン 飛んでこいSOS SOS SOS SOS地球が危ないSOS SOS SOS SOSゴッドマン ゴッドマン ゴッド・スパーク「ゴッドマン!」おーい ゴッドマン 見えてるかいおーい ゴッドマン やってこいSOS SOS SOS SOS平和が壊れるSOS SOS SOS SOSゴッドマン ゴッドマン ゴッド・サークル「ゴッドマン!」おー
光る海 白い砂なつかしい風遠い日の あの頃にもどったようなそんな気がする ふるさとの海やさしかったひとの想い出がよみがえる胸に抱きしめてた夢がよみがえる本当の愛をにぎりしめる迄走り続けたい走り続けるんだ手さぐりで 生きて来た今日迄の日々みせかけの 愛だけに囲まれてきた乾いた心 洗い流すんだやさしかったひとの想い出がよみがえる胸に抱きしめてた夢がよみがえる本当の愛をにぎりしめる迄走り続けたい走り続け
誰かが君を汚してしまうこのままじゃいけない乳房をつつむ栗色の髪やさしくはらいのけ裸の胸に抱き寄せながら唇かさねたら君は風の中の花のようにふるえ甘い夢の中へ溶けて行ったよこれでもう誰も君にさわれない指の先も髪の毛もさわることは出来ないこれでもう他の人は愛さないたった一人君だけを愛し愛しつづけるミンツの香りただよわせてる唇感じたら世界で一人ただ君だけと心がふるえだし君の腕をとって暗い闇を駈ける赤く染ま
あんなに好きだったあのひとが死んだ!どんな時も 心の支えだったあなたが……日蔭で生きるのが俺は好きだよってひっそりと影のまゝで生き抜いた人人にはそれぞれに定めがあるけれど倖せを手にしないで消えて行くなんて!ほんの少しだけ光の中へ影を捨て 入り込んで行ったからですか?恋のめぐり逢いを初めて手につかみ子供みたいに 嬉しそうだったなぜ、なぜですか?……日蔭と 光とが俺たちの人生汗と血と涙の中、生きて行く
青春という リングの中で夕陽に吠える 俺の影(シャドー)は狼眩しい夢も つかんだとたん砂になるのさ 明日も孤独なランナー涙に濡れた恋人よ さあ華になれ灯がないなら 俺がこの愛で照らしてみせる青春ハリケーン心の嵐が止むまで青春ハリケーン俺がしっかり抱きしめてあげるよ薔薇を飾った 胸の奥には夢の傷跡 俺の背中はボクサー汚れた都会(まち)に 炎とばして旋風(かぜ)になるのさ 熱いドラマが始まる道に迷った
唇濡らす 涙の糸を夕陽が 染めてゆく愛しき女(ひと)よ 笑ってごらん悲しみは今 遠くに消えた木枯しの 舞う夜は僕の胸で おやすみ凍りつく指先に息をかけて あげよう振り向くな ためらうな愛を信じて風の吹く 青春を走れ炎のように激しい雨に 打たれた後の野ばらは 美しい愛しき女(ひと)よ 誰もが一度は傷つきながら やさしさを知る想い出が 痛むなら僕が歌を 贈るよ飾らない 微笑み心に虹を 描こう振り向くな
もしも淋しさに 名前があるなら君の名前をつけて呼ぼうか今、君は、哀しみのさなか誰の指でも 振り払うだろう今夜はこのまま 君を置きざり人は誰でも 独りぽっちさ砂漠の都会(まち)に 君を置きざりほんとは きっと愛しているからほんとは きっと愛しているから 愛しているからいつもやさしさに 甘えているからいつもしあわせ名付けられない今、君の瞳には、何も何も映っていないだろうし今夜はこのまま 君を置きざり寒
螺旋(らせん)階段を昇る君の背にそっと風の影 憂いを映してガラスのヒール 星屑のように僕のつまさきに 踊って砕けたああ 愛しい女(ひと)よ潤んだ瞳で見つめないでくれああ 男はいつも言葉をなくした海賊なんだね君を抱きしめ 立ちつくすだけ哀愁セイリング 哀愁セイリングめまいをいくつ 覚えたら哀愁セイリング 哀愁セイリング儚い夢に 終止符(ピリオド)をダーク・グリーンのしなやかな髪はまるで夜の海 せつな
祭りが終り 旅立つ俺に淋しい笑顔投げ 佇(たたず)む女(ひと)よ君も愛に疲れて 愁いを身につけ想い出を唄うのか戻れるなら少年の日々へと駆け抜けて愛をもう一度 告げてみたいそうさ いつか草原で出逢った頃のような熱い瞳のままで“さらば”と街に 別れを告げて愛しい風に今 背を向ける俺さ君を染める夕陽が 心に落ちれば悲しみも褪(あ)せるだろう戻れるなら少年の日々へと駆け抜けて愛をもう一度 告げてみたいそう
My city lights……ため息もやさし過ぎて君を見送ればCity lights……俺は愛のジプシーやがて君は街角薄れて銀色の地下鉄の中さWait lady 無邪気な涙追いかけても雨のイルミネーション 想い出が踊るだけ青いブーツ哀しくにじむよさよならさえ告げずに消えたStill baby もいちど 心戻せるなら寒いステーション 最終に飛び乗ってIll get you heaven 愛の夜へ
暖簾たためば かもめが啼いて肩をつめたく 濡らす雨あんたを忘れて 女を捨てて守り通した店やけどうち、やっぱり女ですさみしいよ あんた あんたにいてほしい惚れたあんたが 訳ありだから好きで別れて 身を引いた都会の路地から 港の路地にいつか馴染んだ 酒やけどうち、やっぱり女ですさみしいよ あんた あんたにいてほしいこころの渇きを グラスの酒でそっと湿らせ 口紅を拭く冗談づくしで 男ぎらいを通しつづけて
I love you I love you もう一度愛をこめて さよならを小さくなる あなたの影に言いたいけれどI love you I love you もう二度とこんな恋に 出逢えないつくり笑いを 浮かべてみても風に消え去る今でも心に 想い出だけが虚しさを 刻みつけるあなたの心に 愛の轍(わだち)を残せないままにI love you I love you 泣かないでかなえられる 夢だからちぎれ
君の頬の涙 乾かせるのは この僕だけほかの誰も見ないで君のぬくもり今夜感じていたい星空の下 波の音に包まれてでも夜が明けたら 僕を行かせて心砕ける前にI am a dreamer君への愛をおきざりにした訳じゃないI am a dreamer荒野へと 駆けて行きたい まっすぐにIm lonely, so lonely 走り続ける今はただひとりで幼い夢は いつかこわれてしまうでも泣かないで悲しみだけ
遠いあなたを想う街の静寂(しじま)を超えて夜を忘れた都会星さえ見えないあの一夜のぬくもりぼくは忘れはしない泣いたあなたの涙胸をゆする Believe In LoveCry Cry Cry 情熱はCry Cry Cry 駆けるほどあなたは誰に抱かれて 今 眠っているのか悲しい愛でも 愛は愛Yes Yes Yes 幾千のYes Yes Yes 時間(とき)を超え 永遠(とわ)に引き裂かれても二人たとえ
うねる波に 浮かぶ小舟のかじ握りしめ孤独な闘いをするような……男たちはいつもあふれる夢 抱きしめて終りのない旅をつづける遠い彼方の虹を追いかけて行く冒険者たちのメロディーが聞こえる……暮れはじめた夕陽清しい風の匂いに哀しみに想いがあふれても……遠い彼方の虹を追いかけて行く冒険者たちのメロディーが聞こえる……男たちはいつもあふれる夢 抱きしめて終りのない旅をつづける
青い丘は遠く 風が冷たく過ぎて白い荒野に 春まだ眠る友よ ここにおいでよ夢を語り明かそう熱い想いが 春をよぶまでは友よ若者みちずれよ君も行っておくれよ友よ若者みちずれよ明日の夢めざして夏ははげしく燃えて 風は砂をまい上げやがて季節が 枯れていっても友よ 涙ふいて夢を思い出すさいつか光の中に立つまでは友よ若者みちずれよ君も行っておくれよ友よ若者みちずれよ明日の夢めざして友よ若者みちずれよ君も行ってお