願いはひとつ ひとつだけ心にいるのは あなただけスミレ アカシア レンゲソウあなたのとなりに 咲いてみたい遠い春 待ちわびて恋をする 蕾は今あなたの声を あなたの夢を聞いていたいの 一番近くであなたの呼吸 あなたの鼓動風に吹かれて 花は開く星は今日もふたりを 見ていないふり願いはひとつ ひとつだけ心にいるのは あなただけアジサイ スズラン クレマチスあなたのとなりに 咲いてみたい雨に濡れる夜はひと
何をしていても冴えないような日はヘタクソな声とギターを持って夜に歌ってみたんだ心は空っぽだった気付けば一人だった孤独には慣れたなんてね本当は寂しかったありふれた言葉の一つも信じる事が怖かった勇気なんてない弱いボクは明日の夢を描くだけAh- かすれた声で夜空の下でボクのうた歌って思ったんだ全部忘れて大きく息を吸って吐き出しちゃえばいいそうしたら神様だってきっと味方になってくれるさ明日はいい事あるとい
僕等は一つじゃない誰しも違うのにそれでも触れていたい僕等のばらばらなんてどうしようもないこの野郎 愛してる何時も通り君の今日に心奪われよう満たない日々を埋め合わす様に鏤められた救い持ち寄り積めば壁に 囲えば箱に蔵う全ては宝物だよ僕等は利口じゃない何かと辛い癖にそれでも集めたい僕等のばらばらなんて性懲りも無い馬鹿野郎 愛してる何時も通り分け合う様に充てがう様に日々を疲れようもっとイメージが合わさる様
開いて閃く この素晴らしい世界を閉まって枯れ果てる 無気力に見たものを模倣コントロール不能な 心の温度を抱いて 繰り返す逃す数々の本望を満ち欠けも 聞き分けもなく依然として太陽は僕の背を叩いていて誤魔化しなく 理由なくただそこにあった 眩しさああ このドアをくぐった僕は知らぬふり 感情をリサイズして 逃げるああ やろうとすれば簡単なんだ言い訳のよう 変わらない風景ひらひら開いて また同時に閉じてい
通り過ぎる風 沈みゆく太陽明日探しても きっと見つからない急いでやらなくちゃ いけないわけじゃないでも のんびりするような 気持ちにはもうなれない今日の愛が 君を励ませるならどこにでも行くさ それしかできない君の街に 夕日が落ちていく1ミリ 2ミリ 少しずつ 3ミリ 4ミリ 間に合うさ次の一歩を 諦めないさ One More StepUh uh uh Step By Step Step By Step
bye bye bye bye bye bye byeただのさよならにはならないからbye bye bye bye bye bye byeまた会えたらねって意味にしちゃおう卒業式にはさくらは散っていないよ勝手にさみしいイメージつけないでねさくらが散るころ新しい誰かに出会ったりするんだよまだまだこれからずっと先のことなんてかなしいことでもなんでもないでしょ、たぶんきっとわたしがなくのは嬉しすぎるとき
いつものバスが角を曲がって春の坂を登れば女子校前の停留所から君が乗って来るんだ何度か偶然 見かけるうちに僕は虜になった明日も会いたいなんて 生まれて初めての気持ちグレーの制服の君が眩(まぶ)しくて…名前さえも知らないけど 一緒に帰れればいい夕焼けが美しすぎて 切ないよ僕の心をぐるぐる回る恋の循環バスさ毎日 バスは同じコースで景色も見飽きてるけど駅に着くまで10分間が僕は楽しみなんだ目と目が合って 
ごめんなさい お願いそばにいて独りにされるとつぶれちゃいそう声に出さなくてイイから 感じさせて温もりをいつものパターンに陥っても まだこれ位 (Make up with ourselves)簡単なきっかけで 笑い合える? (笑い合える?)相変わらずなワガママぶりに もういい加減 (I cant stand it any more)そろそろダメかも...って思ったの 凄く怖いけど言い争ったその後す
お天馬なDOLLどこへ行こうと仕事を眈眈で(Ho!)PCがエンジン放ったらかしCyuCyu夢中あーどうでもいいことばっかりやんなっちゃうような恋せよ乙女忘れてしまうなWOMANあたしは女優 あなたは俳優あなたのLovinYou(Ahan!)妄想は何処にNO残業 NO日常 NO向上(Ahan!Ahan!)書類は友を呼びます益々のご活躍と益々のご発展と益々のご多幸で何よりそれより寄り道を求むi はこ
悲しみは明日を知るための涙突然電話で 黙らないでうまくいってないの どうしてあのとき会った彼のことね長いつきあいだもの 分かるわ泣きたいときには 思い切り泣いて「らしくない」なんて思わないまた誰かをきっと 愛したくなるサヨナラに負けないで 自分を信じて昔は片思い 憧れだけでも話がつきなくて 困ったねもっと悩んだ もっと落ち込んだあの頃も 乗り越えられたじゃないこれから出会える すてきな日のため悲し
抱き合えば EASYな HEART愛さずに愛を分け合うITS SO CRAZY NIGHT見境は まだ夢の中カラダだけ ずるいせいにしてIKNOW TRUE LOVE本当に 好きな時だけココロは気にすりゃいいと都合良く使い分けても愛が見える訳はないダロ?COOLに 刺激をもてあそぶみだらな夜に焦がれて PASSION今日も 自分に酔いしれてるカッコつけ過ぎ
(Oh yeah Royal android...)演算能力も高く 毎年アップデートを繰り返し内蔵のフォントも豊富 安心の完全防水仕様ときにヨガもこなし 音声識別にやや難あれど空手も心得あり 最高の性能を実現王家の従者として 遥か遠くあるじを追って日いずるこの国で 使命果たす 葛藤の果て感情の在り処を探せば 始まる 記憶なぞるデフラグ葛藤いずれ雨となって 砂漠のようだったこの胸にもやがて想いの花は
君は出ていった 足音静かハーメルンの夜明け負けばっかの勝負 逃げ出した夜出会ったその手友達だってラララ 約束なんてナナナ「花火もう一度見ようね」犬もいない 猫もいない君がいればどこへでも ブレーメンズ酔いどれた犬 寂しげな猫似たものどうし思い出すのさ おんなじ痛み違うメロディ大丈夫?ってくれた その手払ったたたなみだ 知らなかったんだ歩く歩くよ 雨も風も二人だった赤い道 ララバイ痛い痛いよ そうじ
太陽を越え 宇宙(そら)のむこうへ「今世紀一の流星群が来る」と聞き慣れたフレーズを声高に謳う ニュースキャスター「毎年じゃない?」って 君と笑ったことを不意に思い出して 思わず見上げた トウキョウの空そんな普通で他愛もない日常がきっと僕のすべてだったのに太陽を越え 宇宙(そら)のむこうへ君に言えなかった 言葉をまだ僕は 歌ってる 声を枯らして宛先知らずのこんなモノローグが夜の風に吹かれて いつか届
ひとつひとつ 消えてゆく 雨の中見つめるたびに 悲しくなる傘もささず 二人だまっているわさよなら 私の恋思いきり泣いて 強く抱かれたいけれど今の私は遠すぎる あなたが雨は冷たいけど ぬれていたいのあなたのぬくもりを 流すから雨は冷たいけど ぬれていたいの思い出も涙も 流すからそっとあなた 私の手を 引きよせ最後の言葉 探してるの?だけど私 泣いたりなんかしない涙は 雨のせいよ思いきり泣いて あなた
Her tears fall down, downI never stopped that rainWhen she was my girl,I could
ただの想像なんだ それでも常に喝采ばっかの未来嘘じゃないと言い聞かせても信じろって無理あんだろ上等じゃんか とうに覚悟は決まっているはずだし逃走なんて 選択肢に入っちゃいないな行動しなきゃ何も始まらないってよくある言葉で逃げ道を塞いだならダミーじゃない身体でさあLiving desperately for me to the endどんな風になりたいか 強者たちの夢を見た無味乾燥で満足か“冗談じゃ
海を見下ろす 橋の上でくちづけ かわした あの日白いTシャツが まぶしくて横顔だけを 見てたのJune 夜 今 泣いてる夢 夢なら いつさめたの電話も 手紙も こないから思い出だけが ふえてくせめて 「さよなら」を 聞かせてよ鍵を 捨てられないからJune 雨 また ひとりよ恋 恋でしょ いつ消えたのJune 夜 今 泣いてる夢 夢なら いつさめたの
Are you ready now? Im ready now…. 当然…この思いは止まらない 今も昔も変わらないこれは決意と覚悟を 込めて歌う Song俺の道は俺が決める 誰のものでもない My Life突き進むのさ 振り向かず この手で切り開く New Era New Era突き進むのさ 振り向かず この手で切り開く
明けゆく朝の陽に映(は)えてむらさき匂う 吉田山展(ひ)らける街に 野に山にみんな明るく 呼び交わすああ三重県は 躍進の希望にもえる ふるさとよ五十鈴の流れ 澄むところ歴史に著(し)るき 筆のあとつづる真珠の 志摩晴れて伊賀に熊野に 風かおるああ三重県は 観光の世界を結ぶ ふるさとよ伊勢の海原(うなばら) 潮(しお)みちて今建設のうたごえが緑の風に おくられて鈴鹿の山に こだまするああ三重県は 産
Lovin you is easy cause youre beautifulMakin love with you is all I wanna
Nmm… 退屈なのはホントにイヤなのワクワクするような毎日の中でさ心ときめかせていたいのSo Hot Hot Hot アツくさせてねもっと“攻めきらないモード”に興味はないの一線を越えて奪いに来てねMy Heartもっともっと 傷ついたって失ったってYou should choose me まってるMore loud More loud音の波をかき分けて 探して辿り着く先のふたり剌激的なキラーチュ
世界は拡くて ゴールは次へのスタートさ!!雨が降って 涙拭いて たどり着いたこの場所では虹の端が 目の前から 始まってた未完成な ボクたちでも 伸び代なら 半端じゃない希望というそれは物語全力で種を蒔こう 明日こそ芽が出ると 信じて空は果てしない 夢は限りない胸に手をあてて 言い聞かすよ自分に負けない 勇気あればみんなが誰かの HEROになれる 成るんだ!!願い全部 叶うなんて 言えないけど…でも
幸せを訪ねて 私は行(ゆ)きたいいばらの道も 凍てつく夜も二人で渡って 行きたい旅人のさむいこころを誰が抱いてあげるの誰が夢を かなえてくれる炎と燃えさかる 私のこの愛あなたにだけは わかって欲しい絆で私をつつんで…荒野をさすらうあなたを眠らせてあげたいの流れ星は あなたのことね炎と燃えさかる 私のこの愛あなたにだけは わかって欲しいなぞめく霧も晴れて行く
ゆっくり ゆっくり 季節を超えて 辿り着いたんだstep by step 雨降りでも かるく 踊るように歩けば君に会えると思ったんだ一人ぼっち 切り取ったのは 歪む 鉛色ゆったりと 大空舞う鳥を 笑いながら追いかける君 思い出すこの時を待っていたんだ 君と僕 繁ぐ時間探しモノはいつの日だって ここにある雨上がりの my way 辿って行こうよさぁ ドラマ描きながら手と手結んで 空に放って 雨の七色
待って わかってよ何でもないから 僕の歌を笑わないで空中散歩のSOS僕は 僕は 僕は今 灰に塗れてく海の底 息を飲み干す夢を見たただ 揺らぎの中 空を眺める僕の手を遮った夢の跡が 君の嗚咽が吐き出せない泡沫の庭の隅を光の泳ぐ空にさざめく文字の奥 波の狭間で君が遠のいただけ「なんて」もっと縋ってよ 知ってしまうから僕の歌を笑わないで海中列車に遠のいた涙なんて なんて取り去ってしまってよ 行ってしまう
赤く火照る頬つたう汗は生きている証身勝手に描く未来予想図はゴールなんてない 迷い道むせ返る日々の熱にあてられて 拗(こじ)らせて揺らぐオトメゴコロ。選ぶことを恐れず 進めるかな?何万回と後悔しちゃっても好きっていう気持ちは止められないやっぱ 七転八倒の人生 輝いたモン勝ち私らしく磨く 無限のダイアモンド宙(そら)を仰ぐ瞳が潤んだらトキメキの証生意気に気取る あの日の私を思い出したらもう 自暴自棄フ
輝くたてがみ とどろくいなずま嵐をつらぬく 白い獅子レオいどむ夢 しあわせをまねく朝 ジャングルに道はてしなく 進むレオ流れるたてがみ ひろがるサバンナ荒野に胸はる 白い獅子レオならす鐘 なかよしのはずむ歌 ジャングルに道たくましく 進むレオ
かじかんだ指先が意地張って悔やんでるいつもなら君のポケットくるまれてたケンカしても胸の扉(ドア)全部閉じてないよね?どこかためらいが滲んでる粉雪は銀河のよう白いため息の結晶(かけら)夜空を舞い飛んだ雪のプラネタリウムふたりを包むロマンティックなこの刻(とき)を無駄にしないで特別なんていらない ただそばにいたい恋したらさみしさも増えてくの?君を知らない私には戻れない「また風邪引くだろ」と怒ったよに腕
Straight to the floor 急がなきゃ get ready lets goPut on a show 暑くなる 気温 is risinLook how