穏やかに石を転がせど 当ても無く勘に頼りだす華やかに飾り立てようと 流れてゆく 人も所も最初の日は吸い込まれて 散り散りに引き裂かれて最初の日は吸い込まれて 緩んでゆく瞼の奥帰るにも前のみの場所に 足を出す 白線の真上虫のように宙を横切れば 騒ぎ出す 払い拭っても最初の日は吸い込まれて 触れた後に声を絞る最初の日は吸い込まれて 広がる度小さくなって丸めたなら皺が残る最初の日は
途中駅下車 デカダンスの香り失くした時代 同情によろめきこうなりゃ大げさに 腹をかかえ笑え!人生を 笑え!許されない愛 乞うて残るのは出口のない 肉体の愛だけこうなりゃ大げさに 肩を並べ踊れ!現実を 踊れ!ストーリーを 踊れ!あ ちぐはぐさあの世とこの世の価値感あ すべりたいよせた胸の境Oh Darlin’ 裸足の果実抱かれるフリで抱いてあげるOh Baby とろけた果実愛されるフリで愛してあげる
想い想われ振り振られ そんな夜ただちょっと期待していたエブリデイ エブリナイ 寝られないそうだろう?今日は天使じゃいられない走り出せば止まらない そんな恋ただちょっと夢見てたまだ蕾のままだけれど咲かせる日には そばにいたい童話の中じゃ僕は君のステキなヒーローだのらりくらり 星を廻して裸足のまま踊ろうぜ!Drowning in you!!この心を君色でぜんぶ塗り潰してDrowning in love
Live Alive 心躍らせてStarting now! Jumping up!弾けていこうぜ騒げ!Party night今すぐに 最高の夜を一緒に過ごそう聖なる旋律(メロディ) 派手に鳴らしてお祭りの始まり とにかく楽しもうぜサンタクロースだって 気になるはずさ熱い鼓動のBPM 刻むドラムに乗って骨太なベース 魅惑のギター 歌声は君に空想のリリックじゃ もう足りないくらい特別な時間 ここにある
Wait, waitDo I have to sway, sway?You must be playing, playingBut, inside its blueBaby
もう、ムシャクシャした心の叫びをどうしたらアンタらに砕けた言葉で理解を仰げるんだ腹八分目に食べた時みたいな中途半端な満足感気づかってることでツモリで余計に納得してんなよ腹八分目に腹割ってても何にも伝わらねこっちゃまだまだ食べ足りないんだこっちゃまだまだ吐きたいんだまだまだ食べたりないんだまだまだ食べたりないんだまだまだ吐きたりないんだまだまだまだ「自分のやり方で」的なツマンねえ事いう奴が大嫌い逃げ
苦しみの中 愛に飢える尊い命を懸ける程の世界があると?春よ、私を行かせて。遠い眼を頭上の赫い空に深過ぎては涙流す傷に重ねる日々春よ、私を行かせて。咲かせる度こんな私でも綺麗なモノが一つでもあると許せた愛を知らない愛も知らない愛が私を守ってくれるの?またこの天井に掛ける縄に意味を苦しみの中 愛に飢える尊い命を懸ける程の世界があると?春よ、私を行かせて。咲かせる度こんな私でも綺麗なモノが一つでもあると
ごめんね クリスマス会いに行けなくて…窓から 降る雪を見てる最後のクリスマス君が待つチャペルもし会ってたら もう一度愛してしまうよ傷つけるくらいなら嫌われた方がいいんだ時計台 進む針優しさとは何だろう?君は君らしく(望んでるものはここにはない)夢を見て欲しい(僕と付き合ってちゃダメだと思う)悲しいけど 涙拭いて歩き出すんだ聖なるこの夜に別れを選んだ想いは永遠を誓う意味あるこの夜に終わりにするんだ今
Im in the dark but no one knows今にも破裂しそうなんだI want to make that dream come
泣いていいんだよわたしの前では泣いてしまいなよ心を殺さないで諦めることは悪いことでもない終わらせないと始まらないから君は悪くないとても頑張ったね自己満でいいんだよそれを幸せと言うの満たされないわ 決して 人は欲張り歩き続ける それが生きるということ泣いていいんだよわたしの前では泣いていいんだよ心を殺さないであなたのままで
周波数のあれやこれやで 若者だけに聞こえるというモスキート音をご存知だろうか? その原理を使った歌モスキートーンブルース この歌が届いたならばモスキートーンブルース あなたはきっとまだまだ若いキーーーーンキーーーーンキーーーーンTeeeeeeeenAメロ一節にあれやこれやを詰め込めるだけ詰め込んではみ出るフォークソング的な生き方で夏を生きている退屈なBメロに大あくびか 大声あげて応援歌かネクストバ
一体どうしようとかそういう答えはいつも絶対教えちゃくれないどういう時だって自分だけが自分のこと知らないように感じてだからかな…探すんだよオレでなくちゃ出来ないことをONLY I CAN CHANGE MYSELF!変わらなきゃ…強くなろう本当に守りたいって思うから…大切をONLY I CAN CHANGE MYSELF!聴こえたよ…その声はきっと鼓動になってこの胸を高鳴らす実体なんてないような絶望
ほら見てよ 介護したい輝く白髪放課後に すれ違う しびれる老紳士どんな生き方どんな人愛したのねぇ教えて散々いいことガンガンしてきたんでしょねぇ教えて美老人 ビビビビビ美老人I want to be your 美老人いつもさ一人で気ままね学校の友達はおかしいって言うけど天国に近い人本気で大好き美老人 ビビビビビ美老人I want to be your 美老人いつもさ一人で自由ね聞かせて欲しい見続けた
あんたと付き合うのまじ超たいへんまじギレ寸前でもうやってけんだけど心にウソはつかれへんやっぱあんたしかおれへんあんたと付き合うのまじ超たいへんまじギレ寸前でもうやってけんだけど心にウソはつかれへんやっぱあんたしかおれへん腐れ縁でも縁があったからきっと二人ここまで来たんだわ覚悟しいや「いやや」なんていわせへんやっぱあたししかおれへん「もうやめとき」女友達に何度言われたことか「もう止め時」知り合ってか
ワガママと優しさがカラダを濡らしてく抱きしめあえば oh noオレンジの満月がシーツを照らしてるリズム重ねたら 始めるのねぇ知ってる?正しい愛の仕草真夜中過ぎのアダムがイブに乱れる吐息をなぞりながら教えてあげる 甘い不条理を乾くくちびるを潤してもっと知りたいはやるだけの気持ちじゃ扉の鍵は開かないワガママと優しさがカラダを濡らしてく抱きしめあえば oh no体温でキャラメルを溶かして繋がろう心地いい
それは突然で まさに 舞い降りた天使のよう守るべきだ ってそう思える そっと傷ごと抱いた僕にとっての答えを探すより君にとっての答えを探す旅 行こうコウノトリ 君が思う通り この町に 光は差し込む柔らかな手も 真っ白な背中にもコウノトリ 幸せのストーリー いつまでも僕ら共に生きられるように さあ次の扉を 開こう一人じゃ生きられない なんて 出会えてやっと気付いた幾億もの 命達に ずっと支えられてきた
WAY WAVE SHOW TIME始めようぜ!準備いいかい?WAY WAVE SHOW TIME始めようぜ!準備いいかい?WAY WAVE SHOW TIME歌いたいんだ!君たちと!WAY WAVE SHOW TIME踊りたいんだ!君たちと!WAY WAVE
ぎりぎり電車飛び乗って周りの人のマスク姿にもうそんな季節なんだと自分が取り残された気持ちになった次の駅がなんだか遠いなまだ少し寒さ感じる今日の夜風が僕の胸キンと凍らそうとするからコーヒー片手にとぼとぼと帰り道ひとりで「おかえり」たったひとことでこころにすーっと色が芽吹くうららかなきみの笑顔がこころにパッと花を咲かす眩しくて見えないくらいぼくを照らすきみ太陽さもしきみがいないとしたら?ぼくはまだ俯き
心の隅っこにいつか押し込んだ心の真ん中弱くなれない私曖昧になっていくあの頃の記憶止められないな無くしたくないよ辿って 重なって 失くして そらした今はまだ足跡を探すけど渡って 探して 隠して 結んだ温もりが記憶になるからどれだけ歩いたろう ちょっと休もっかなしまって待ってたんだよ ふたりだけの切符変わっていないかな 今何してるんだろう守って持ってるんだよすぐに折れた言葉も全部平等に時が連れ去ってく
夢の続きを見に行こうよ新たなフェイズが僕を待ってる胸の音が走り出すよ遠くじゃれ合った子供の声溶け始めてる窓辺の雪モノクロに並べた過去よりも鮮やかな未来だけをもっと信じたい特別だったあの日々を ありふれていた煌めきを僕たちはいつだって笑うように生きてたいのです彷徨ったってケ・セラ・セラ この瞬間を愛せるならばきっと時を超えられるかな甘い甘い言葉をちょうだい弱気な僕を汚してほしい笑われるくらいでちょう
今宵も一人トライアル怪しい壺掻き混ぜ嫌いなものも入れて深い森の奥で make magic書き溜めた自画像より (このまま ghost 変わらず ghost)扉開け目に止まるピンボケフィルム色を足したjoker 生まれて baroque自由に歌い見つけられてくランタン燃やしながら唱えた呪文君へ Sing and Treatjoker 隠して holic水晶を覗き従者を決めて沸き立つ煙の中手招きして誘
るるるるんっ♪ 知れば知るほどるるるるんっ♪ トクベツになるこれからも わたしのまんまで 生きちゃお!るるるるんっ♪ わからないからるるるるんっ♪ わかりあえない?だからこそおもしろいんだよ 実感中~!違うからこそ 輝く個性 感じられるのReady go!未知な世界へとワックワクを ゲットしにゆきましょっ!(≧▽≦)Wonderland Girl(フ・シ・ギ ス・テ・キ)Wonderland Girl
信号の「青」という色は 本当は「緑」なのにそれはそれでいいんだと思えること 世の中にはままあるけど肩書や身分身なりを まとう選ばれし者にすべてはキャリアだと言われたなら その視点の角度を変えてみないか未熟な果実が 雨にうたれても嵐の中でも 落ちないそのわけを誰もが風の日の少年だった頃未完成というしなやかさこそ 今 必要なんだ有り余る夢の 花びら千切りながらいつかオトナになる日が訪れる 人生で一番危
行ったことのないような国の音楽も懐かしく聴こえるんだ描いてるイメージはきっと知ってる景色だねだからかな、一緒に歌ってるとこんなにも心が繋がるんだ賑やかなディキシーランドバンドみたいに騒いでいこうね飛び越えよう、パスポートいらないんだ笑顔に乗ればいいだけ浮かれたって構わないんだってハートを鳴らそうSingin! Swingin Friendship with me!それぞれが奏でてる個性(Instrument
今年はまだ 春の足取りはちょっとばかし遅い気がするチケットを見て 寒い日暮れに急ぎ足で駆け込む会場11年前 一緒に観てたよね君の 一番好きなマッドネス人混みの中 あの日と変わらない音が ステージから鳴り始めた君が一番好きなものは僕の好きなものだよ君がいなくなった今でも僕の好きなものだよ何も知らない ことばっかりで君の色々が大人に見えた今日も ここに いたりするのかなもしも いるなら謝りたい君が一番
rain of lapis-lazuliwind of sand-beige目に浮かぶ碧い闇violets and lilysscarlets in bloom舞い上がる砂埃消え果てた足の跡-come from the rain-縺れ合う時の狭間に-into my pain-揺り返す遠い海鳴り流れ落ちる碧い涙揺らす波はlullaby
知ってるよキミにスイッチあることわかってたよ今日がその日だって…ガランとしたスケジュール敗北のOne dayあぐらにポテトチップス&cokeボサボサ髪 鼻めがね女子力Upして出かけるのSunday突然転がり込んだ夢のHappy timeフレームはずして戦闘態勢つい口を開けて装着あんなに愛しためがねにサヨナラ瞬き ひ・と・つSo Winner is Contact lens失くしたら超焦る大切なアイ
ねぇ 市ヶ谷の空 豪華客船ニューオリンズまで連れてってくれるってふたりでジャズ・バンドを 組んだなら乗れるねあなたは笑ってうなずいたねぇ たまに いろんなこと複雑に思えてしまう どうしたらいいの?地図ばっかり見ているうちに夢の船は遠くへ行ってしまった みたいだごめんよ、ダーリン浮かんでは沈むこころはちぎれ雲一緒にさがしてくれるのはあなただけですねぇ 本当はわたしだってやさしくしたいだからチョコチッ
あなた権現私は妙見年に一度の師走の逢瀬切ない恋を慰めるように六つの屋台も華やかに一気に上(のぼ)る団子坂秩父の夜空を虹色焦がし武甲に轟く冬花火ハ~恋も燃え上がりゃ夜毎来(き)ぬかと責めんと(セメント)おくれ秩父夜祭りやがては泣ける熱い心で冬さえ沸かす若衆連のいなせな姿故郷愛するその思い惚れぼれします恋します私の思いはすべてがあなた朝まで聴かせて粋な声ハ~秩父暮らしはよ和同(わどう)三分に人情七分
Its harder to seeWith my head in the cloudsBut my feet on the floorI