「卒業」 人は新しい扉(ドア) また一つ開けて進む… 最後の日 早起きをして いつもの道を踏みしめてた狭かった教室に今 思い出が溢れている 出会った頃の 不安や希望 どこか懐かしい 涙こぼれる… 「卒業」 いつか 必ず来ると 分かっていたけど 切ないね…「卒業」 きっと 忘れはしない だから 笑顔でいたいよ… 少しずついつもの声が戻り にぎやかにはなるけど明日からはそれぞれの道 進む事は知っていた 机に付け
あの丘まで 君と一緒に 夜空の星 捕まえに行こうこの地球で この時代に 君と僕は 今出会えたんだ世界中の幸せよりも 僕達の愛 負けはしないだろう… いつまでも 歩いて行こう 君の手は放さないよたとえどんな闇が来ても あの丘まで行こう… 夜空の星 一つにして 100万年の指輪を贈ろうだけど君の
風は今38℃で二人を運んでいく砂漠をかすめて海に出たらオレンジみたいな太陽に溶けて一つになろう 当たり前のmoodじゃタマシイもおなかを減らすの勇ましい声聞かせてみてガラスのため息をちょうだい 涙よフワフワと浮かんでって雨雲になれカワイくないあなたの嘘ザアザア降りで洗い流すの あなたの空を自由に泳ぐJETの夢に飛び乗ろう 風は今38℃で二人を運んでいく虹のアーチをすり抜けたらサファイアの星の彼方へこのまま
愛なんて言葉はもう 解ってるつもりだったけどあなたと出合った時に 本当の意味を知ったの… 胸の奥に照らされた たった一つの小さな蕾綺麗に咲かせたいねと 瞳に私が映る ありふれた 毎日と 繰り返す 季節立ち止まる今までは なんとなく あたりまえの様に生きていた違う時 違う土地 別々に過ごした2人が今出会う 運命を 感じてた信じてた あなたには… 少しづつ染まりだした 心の片隅には不安が混ざりだして 雫 花
いつからかつないでた手と手 仲良く並ぶおそろいのふたつのグラスどんな時も1人じゃなくて いつも2人何もかもを分け合った ふたつのLonely Hearts偶然出会った日から ひとつの夢を追いかけ始めた どんなものよりチカラをくれた 太陽よりまぶしい光りでとなりで笑ってくれたら wow wow wow それだけで大丈夫Nothing fears me when I’m with you,NANAWe̵
ココロサク こんなにも明るく 君を感じるからどんな遠く 離れたって この想いはつながっているんだ とりとめも無く日々 過ぎてくけれど君がいる “Lalala” 鼻歌まじりでたとえばね 週末約束したら忘れちゃうよ 涙の日々も 色々な事を 気にしてしまうでもね そんな自分が愛しいよ ウララカナ 今日も届いてるよ 君が放つ光咲き始めた花 賑やかな街にもアリガトウ こんなにも明るく 君を感じるからどんな遠く 離
押しつけた現実を飲み込んでいる錆び付いた足跡を積み上げて涙ほどいて堕ちてゆく辿り着いた場所を彷徨って 歪んだ視界で終わりのない夜空見上げて拒んでもがいて叫んでただ歩き出すきっと明日は笑い飛ばそうよ ひび割れた満月が今堕ちてゆく置き去りの空想が霞んでく朝が来るまでうずくまって繋がれてた影を毟り取って 歪んだ視界で見慣れた夜明けが静かに拒んでもがいて叫んでそう動き出すきっと明日は笑い飛ばそうよ 朝が来るまでう
部屋の灯りをすべて消して窓から見える夏の夜星が囁きやさしい風がつつみ込んで心を誘う とまどい続けて素直になれずにいたけど やさしさに初めて出逢った頃はこの胸の奥がハガユク感じ何故か一雫の涙が頬をそっと伝わったよそれはあなたが心の中に…ふれたの ふっと気づくと遠く見えてた空は明るくあたたかくて両手伸ばして抱きしめてた迷いも不安も消えていた あなたの存在がすべてを埋めつくしていた ずっと側にいたいと思う気持ちは
窓から差し込む夕日 今日は静かな風が吹くアルバムふっと開いては 素敵な笑顔が私を見てる いつも思う戻れるならば だけどそれじゃ思い出が無くなる…目を閉じればあなたとの 物語が始まるの… 明日からの私、オレンジの夕日の中 懐かしい風感じまた逢えるかな 未来の2人窓の外に ひとりであの公園の 小さなブランコに座って何度も読み返してる あなたからの手紙胸の奥で… いつも思うあの時言えば 時を止める事ができたのか
側にいた あたりまえのように失うこと ないと思いだからさよなら 言われたなら写るすべて 灰色になる 失って気づいた その大切さを胸にしみるほどに 感じたよ 幸せすぎて 気づかずにいたたくさんの ぬくもり感じて幸せすぎて 忘れていたね優しさに 包まれたこと 君の影 いつも探してる通りすぎる 人の波君のしぐさ 思い返す動くすべて 時間がたたずむ 幸せすぎて 気づかずにいたたくさんの ぬくもり感じて幸せすぎて 
時に深い闇に負けそうなときがボクのこころまでも奪いに来ても強い想いだけはいつも変わらない独りじゃない事が ボクの最後の武器さ 何度も語り合ったガラスの外には新しい道がある! Sunrise 行動始めてみようよ 自分の中に秘めた story全然怖くないハズさ 誰でもみんな始めは slowlyGOOD DAYSGOOD TIMEキラめきあれば闇も見えない!明日はもっと大きな自分の夢描いて GOOD NIGHT 今もたまに
今君が立っている場所はまっすぐに続いた たった一度だけの長い旅への ほんのはじまり 数えきれない夢を抱えた 僕ら何もわからなくてきっといつものように 未来を迎えるよほんとの気持ちうち明けて 遠い遠い空の青さを100色の中からひとつ選んで真っ白なこのキャンパスに心の中を全部 広げて描いたら新しい自分みつかるよね 風のはじまり雲の行き先 誰も教えてもらえない事いつかめぐりあえる かけがえのないものたぶんそれ
君がくれたもの君がくれたもの 気がつけば ボク達 明日を見失って何か大切なモノを 今は忘れてるあの長い坂道 夕焼けに染まってふざけ合いながら二人 語り合っていたね 今悲しみと苦しみを うまくかわしてる今嬉しさと優しさに 震えてる 君がくれたもの (夢を)信じることの勇気変わらない気持ち いつも胸に刻んだ君がくれたもの (夢は)暖かくて優しいボクの未来に 輝き続けているから 大人に近づいて ボクは夢をしまい
鮮やかな色に変わりゆく 君の思い出の中キラキラと輝き続けてゆく忘れない今日の事大切な宝物だよ 会いたいと思うだけで 涙が溢れた悲しくないのにある涙 初めて知ったよ明日のことは誰も わからないけれど少しずつでもいいから 夢追い続けていてほしいよ 後悔したくないから そうさ君の支えになりたい どんな遠く離れていても 君をみつけられるよ夢追いかけるその瞳の中 光る風が吹くから風は明日に向かうから ささいな事でい
君と夏の終わり 将来の夢 大きな希望 忘れない10年後の8月 また出会えるのを 信じて最高の思い出を… 出会いは ふっとした 瞬間 帰り道の交差点で声をかけてくれたね 「一緒に帰ろう」僕は 照れくさそうに カバンで顔を隠しながら本当は とても とても 嬉しかったよ あぁ 花火が夜空 きれいに咲いて ちょっとセツナクあぁ 風が時間とともに 流れる 嬉しくって 楽しくって 冒険も いろいろしたね二人の 秘密
みんなの事 愛している嫌われても 愛しているやさしくなる 涙をふいて 恋が 恋が大爆発なのだ元気ですか飛ばせ進め 新世紀だ君にあえて うん よかったなわくわくして ニコニコしてつまずいてもひとりじゃないよねフラれちゃって ズレまくりのニガイ恋の想い出も宙に舞って 虹になって 花が咲いて笑顔がひろがれば 背伸びをしても NO.1は素晴らしいのですあした きっと 晴れになるでしょう ぼくは もっと強くなる
「君が好きです。」と 素直に言えず 夜空の星を眺めてたぶん わたすことは できないけど 今 君に 手紙 書きます…。「元気ですか? 僕は元気です…。」と、ありふれた 言葉の後に震えたペンの先、滲む涙、太陽が 静かに昇る… 帰り道 二人きり 何から話せば いいか 分からず「不思議だね 月が ほら、今日は 少し大きく 見えるよ…」見上げてた 横顔に 本当は 伝えたい事があるよ目が合った 瞬間に 自分に 自
君がいた夏夜空に咲く 向日葵見て 儚く散り孤独な星だけが涙ぐんだ目に 映る姿今 頬をつたわったあの夏を忘れない… 待ち合わせした 神社の石段 早くつきすぎて「カタカタ」合図で すぐにわかるよ 君が来たことを 久しぶりに会う またあの笑顔見せよう明日になればたぶん そう夢の中に… 君がいた夏夜空の下 手をつないで 砂利道走り抜ける僕等に遠く聞こえてる HANABI達の声 セツナク響いた永遠の夏「もういやだ
雪が舞い降りては 二人の手に落ちて溶けるこんなにやさしい気持ちは きっとはじめてだね 冬の散歩道 通いなれた場所なのにふたりならそれだけで 何だか違って見える 急ぎ足を止めて 差し出した手のぬくもり嘘なんかひとつさえ 存在しない世界 誰より世界中のやさしさを感じているよ涙が出そうになるほど 胸が熱くなった 誰より世界中の切なさを感じているよあふれるまっすぐな気持ち ずっと忘れないで 少し言いかけた 言葉さえ
恋して感じた 君の風 香るいつまでも二人 永遠の夢を… 花咲く 季節 出会う 窓際の 儚(はかな)げな姿 なびく髪 輝いて 微笑みは やすらぎでどことなく 寂しげで 心しめつけ 恋して感じた 君の風 香るいつまでも二人 永遠の夢を… 君の瞳 何故か 見れず 桜散る 立ち止まる 二人 伝えたい 事がある でも 言葉 見つからずそよぐ風 止まる風 今 伝えたい 恋して感じた 離れない 気持ち苦しくて 泣いた 涙は
What is the reason of my birth reason of my life question of manWhat
太陽のKiss感じて 灼けた砂浜走る青い空 青い海 風は南へと誘う熱い夏へ… 今年も熱い風が ビルを抜けて 来る頃に波音に誘われて 地平線を 飛び出してる 車の窓から 流れる景色に 手を伸ばせばつかめる私の熱い夏が… 太陽のKiss輝く あなたと水しぶきをくぐり抜け 胸の中 全てを裸にさせる太陽のKiss2人で 作った砂の城も飛び込んだ 海と空 全てを1つに染めた熱い夏を… 夕陽が海に沈む この世界に 2
今日は何故月が ぼやけて見える?ふと自分に問いかけている 明日はまた 会えるの? 気がつけばすぐに 不安になっている気にすればするほど 占い当たるかも 冬の帰り道を 雪に落とした指輪探して あなたの全てを知りたい でも知ると心は離れてしまうかも今ごろあなたは何の夢を見ているの? 私を見つけてほしい 白とオレンジの外灯 続いてる物音しないとぎすまされた 空気が香ってる 今日も本当のこと 言えないまま夜が明けてしまう あなたの影に近づ
不思議だね君に会え 今僕は変わったよ泣き虫も治ったし 朝が待ちどうしいよ今日も会えたし明日も ずっと一緒にいたいから同じ夜空の星を眺め お願いしたよ 「もし、この世から…」なんて考えたくも無い…奇跡はあるよ だって君に会えた いつか2人歳をとっても 今と何も変わらないきっと同じ夜空の星を 眺めている…夢の中でまた会えるから 今日はもう「おやすみ」をしよう世界中で誰よりも僕は 君が好きなんだ 偶然はあるんだと よく話しするけ
Hey father どうして 疲れた顔していつもHey mother そんなに おしゃれして何処いくの?Hey brother キメタ髪 後ろで寝癖が踊るよHey sister 携帯で 待ち合わせの相手は○×△ 日本が栄養失調 貧血でゆら揺らめいて倒れ今、この歌を聞く
元気びぃーむ あげるよ わくわくな時代は君の物愛のびぃーむ あげるよ 大好きな君のもとへ届け そして感動びぃーむ 涙も汗も 時々必要だよね がんば!!笑顔びぃーむで 最後はいつも 元気になれるよ びぃーむ ほらほら そんな所で泣いてる、ほらほら そんな顔して悩んでどうしたの?
太陽が呑まれてく静かな夜は あなたを探してぬくもり残る部屋の 窓を開けては一人で泣いてた気付けばいつも2つ並んだコーヒーが 冷めて眠る鏡に写る私は作り笑顔が 上手になってた 今年の冬はどこか違うなんて 毎年思うけどたぶんあなたの存在 私を惑わし狂わしてる uh… 2004 worlduh… lie lie lie lie 抱きしめていてほしいの 強く深く熱い
白い花が夜空の 隙間静かに埋めるまるであなたが側にいる ような 優しさ香る忘れられない名前 胸の奥に咲いてる白い花が枯れたとして いつか また咲くだろう あなたと 自由を 探したあなたとの やすらぎ 求めたあなたとの 永遠の愛を 信じた雪降る夜だった 私の涙がほら 白い雪に変わって あなたの心を染めもう一度 二人は 出逢うだろう…いつまでも降る雪に 今はもう迷わない 果てしなく広がった夜空に白い花が咲
思い通りにいくことは ソウソウあったものじゃない夢中になれる 瞬間(とき)があるのなら 進んで行けるだって 僕らの存在は もう少しラフでちょうどいいくらいいつだって どこだって 道はあるから かじかんだ指 乾いた心 背中をぬける風すべてが生きている 証だよ 自分を信じていくことは結果じゃなくて 諦めはしない 強さなんだね 思い通りに行かなくて イチイチしょげてちゃ続かない夢中になれる瞬間(とき)があるの
朝 起きて 窓の外を見たそこには 澄んだ空気と 太陽の光りで輝く雪の世界があるそう 思うと 心が踊る水たまりにできた 氷の中自分の姿を 映す 自信は無いけどきっと 未来の私が見えるはずそして 明日を 信じて 歌ってみたり 涙 流してみたり 永遠の空 静かに降る雪あと どれくらい 朝をむかえたら 大人になるのかな今日の秘密を あなたに おくる 冬をむかえた 木を見ていると 寂しく思う明りを消して 雪の降る