都会にいる ほとんど寝そべってるカンジに近いそりゃもうKEMONOのようなスタイルでなーんも考えとらん 脱力感。空白の脳。虚無。ピクリとも起こらんやる気。以上、全て嘘偽りである。実際これらの反対の状態に今俺は、いる。負けの気分と裏返しの余裕を持って 俺は攻撃の感覚を呼び覚ます無駄でジャマなだけの思想を引きずり落とす打つ手が山のようにある 相手の出方がだいたい分かる勝ちにはいかない もうションベンく
まっかり通る どんからかんGATAGATA軋むサウンドに耳をすませて苦笑い鉄のしがらみ ふぬぐり外しさらし、さらしてイってみたいもんねー ホントもー鳴くんじゃないよ 木っ葉の子女がはらんで くりかえしはあー ZAKKURI ZAKKURIメッタル フィクショーン!!
わき立ちあがる劣情漂流する感情現れる己の実像打ち鳴らす音場リフとリフの集合体たらい回しに感情が漂流探している衝動の正体浮かびあがった 衝動の正体劣情がわき立ちあがり己の実像が現れる脳内視聴覚室にぱっ、ぱっ、ぱっ、ぱっ、と写々りでるいろいろ目ん玉に映る影と像瞬間的に思い出すうろ覚えの感情浮かびあがった 影と像 影と像昇り龍飛び出る昇り龍…飛び出した 昇り龍打ち砕かれる自意識のディフェンス点を撃つ 今
くりかえされる諸行無常よみがえる性的衝動冷凍都市の暮らし行方知れずのあいついつの間にか姿くらまし…濡れたかんざし赤く狂って止まる手がかり一人震えて駆けぬける街夜が騒いでここはWater Front今夜Friday NightFriday Night…濡れた口先街に光って触れた人達姿くらまし止まる手がかり夜が騒いで俺は知らない今夜Friday NightFriday Night…
くる、血が逆流でかゆすぎる 体。乱発する憤満不満足のはけ口を求める虚しさを俺は知っている女が泣く時間眼球が揺れて水玉がこぼれ落ちる瞬間そこは真夜中Dont Stop The BeatDont Beatが打ち続くはらはらの夜に根性の宴JIRIJIRIの待ちに見切りつけて行動原理をむさぼり食らわす何万回も繰り返す 汚れた仕業、怒り、憎しみ、悲しみ、etc...Dont Stop The Beat
真っ昼間からひっつきあって真っ昼間からひっつきあって真っ昼間からひっつきあって真っ昼間からひっつきあってTombo GameTombo GameウチでTombo GameTombo Game真っ昼間からひっつきあって真っ昼間からひっつきあって真っ昼間からぴったりあって真っ昼間からひっつきあって真っ昼間からひっつきあって真っ昼間からひっつきあって真っ昼間からひっつきあって真っ昼間からひっつきあって外
再生不能のカセットテープ のびのびになったVTR廻り続けるVHS 夜の夜中のひとりごと深夜2.5時 さすらって深夜2.5時 固まって深夜2.5時 転がって夜の夜中2.5時 飛び立って再生不能のカセットテープ のびのびになったVTR夜の夜中のひとりごと廻り続けるVHS深夜2.5時 からまって深夜2.5時 透きとおって深夜2.5時 In to the night夜の夜中2.5時 飛び立って再生不能のカ
真っ黒けっけの真っ黒けっけの真っ黒けっけのThis is NORANEKO!!真っ白けっけの雪が積もった道路小さい足跡一匹ぼっちでたたずんでる黒い物体真冬の風に吹かれながら目を細め小さくうなり声をあげて素早い動きで逃げていく真っ白けっけの雪の上に足跡がいっぱい真っ白けっけの雪の上に足跡がいっぱい真っ白けっけの雪の上に足跡がいっぱい真っ白けっけの雪の上にたくさん残った足跡の先塀と塀の隙間からじっと体
社会のマドが開きっぱなし 念で固めたドロの固まり毎日、大体狂って不思議 俺の目玉が見る景色くりかえされる諸行無常 よみがえる性的衝動…何十年も前に死んだジョン・コルトレーン肺から二酸化炭素を吐き出し続けた野郎のブロウが鳴りやまん土曜か水曜いつのまにか外。夜。誰? 忘却の彼方の自己存在どうだっていい 幻となって幽やみに消える47都道府県のしがらみあいが囁かれはじめた分断の時代土足厳禁の心臓に土足で踏
Good TasteI Say Good Tasteブッカツ帰りのハイスクールボーイ買い食いGood Tasteブッカツ帰りのハイスクールボーイテクノロジーI Say Good Taste買い食いリットルボーイ買い食いブッカツ帰りのハイスクールボーイGood TasteGood Taste明け方5時20号線を北へ乗る深い青と黒の空は警視庁と桜田門のハザマあたりで白と赤に変わるツキジ 5時半 場外何
くりかえされる諸行無常よみがえる性的衝動…深夜2.5時を照らし出す諸々の光がまぶしい安心しきった人々の静かな寝顔男達の汚れた会話疲れを知らず一晩中笑い続ける子供達の闘い孤独に閉じ込められた野郎は一人、うなりながら泣く男女はまぐわり、同じ動作を数万回、繰り返し続ける高層ビルディング8659階から見下ろす夜景美しく感じた、闇に写る光それは発色した油にまみれた水面ここは水際 ウォーター・フロントWater
10秒過ぎたら 次は1年、10年、100年経つ時間 そのスピード 速すぎてわけわからん今が何時か全然知らん3日前のメシ、何食らったか覚えとらん 10年前どこにいたかわからん記憶を消し去るスピード感 いま何した?次は何する?早よやらんとまた過ぎ去る時間NO TIME!! NO TIME!! NO TIME!!余裕ブチかましてやっとったらはやくも経つ日々やみくもにやればやるほど 時は過ぎていき今、なん
ハッ社会のマドが開きっぱなし念で固めた泥のカタマリ冷凍都市のくらし 毎日大体狂って不思議俺の目玉が見る景色都会のえじきとなって暮らし 我々はえんえん能書き垂れ流し6本の狂ったハガネの振動 R・O・C・Kでオマエを扇情くりかえされる諸行無常 よみがえる性的衝動…
異物感を覚えたハラん中鉛か鉄か コンクリートかだ胸の奥に突っかかっとる何か違和感バリバリの体ん中競技用の棒が突っかかったヤバイと知りつつ俺はただなるべく気にせずやっていきたかった棒棒棒安眠棒で殺された違和感バリバリの体ん中競技用の棒が突っかかったヤバイと知りつつ俺はただ異物感を覚えたハラん中鉛か鉄か コンクリートかだ胸の奥で突っかかっとる何か平行感覚がとっても変だ棒棒棒安眠棒で殺されたどっかの男の
予感。 ひりひりする直感第6感が騒ぎ出す夕暮れ時間気付いたら便所のマドからのぞくユーレイうっすらぼんやり消えていくどっか向こうのくらやみの方へ追う夜にさらわれて見たのは山ん中集会に参加する 猫と猿と土偶COLD BEAT予感。 びりびりくる直感第6感が暴れ出す深夜の時間人だまが見えた 今、うしろにへばりついたなぜだかわからんがあまり恐怖を感じなかったえらくせつな笑って 五月雨色の光ぼんやり発しなが
黒い下着が透けて見える真夏 ど真ん中 アスファルトの照り返し黒い下着が透けて見える真夏 自転車 ミラーに写る原風景黒い下着が見え隠れ朝っぱらの白っぽさ汗ばみはじめた色っぽさ黒い下着 黒い下着 真っ黒けっけの下着黒い下着を引っ張りはがす温度が上がってクーラーのリモコンを探している黒い下着 黒い下着 真っ黒けっけの下着黒いー 黒い 黒い 黒いー
くらやみの夜中 感覚がうるせえ鳴っている 腹の中が鳴っているわりばしを割ったら ささくれが刺さったわりばしを割ったら 一人きりの朝っぱら眠たくなっても 食らうだけ夢を見ながら 食らって雨障りの音が 鳴っている野良猫が鳴いたら 余りもんをやればいい一人きりでいたいなら 一人きりになればいいわりばし割って 食らうだけ新聞読んで 食らって眠たくなっても 食らうだけ夢を見ながら 食らって
くりかえされる諸行無常 よみがえる性的衝動…耳、傾ける街の音 ボトボトと血を流し続ける男の枯れ果てた声を聞いたような気がしたマドの外深夜3時の考え事 いつでも社会のマドは開きっぱなし冷凍都市ではよくある話 森羅万象の全てがとても悲しいガキを寝かしつけて惑わかされた奥さんの挑戦しょせん抜け出せん日常なら安心を捨てろ危険を犯してまで欲するもんがあるっちゅうならやってみろ理論なき行動は無 行動なき理論は
開戦前夜のあのカンジ開戦前夜のあのカンジ俺は敵 俺は味方俺対俺の泥試合開戦前夜のあのカンジ忘れちゃおらんぜ あのカンジ勝った負けたは関係ない俺対俺の泥試合開戦前夜のあのカンジ開戦前夜のあのカンジ勝った負けたは関係ない俺対俺の泥試合
ぬかるんだぬかるみに右半身突っこんでニヤけながら半笑い無気力にあやまってYeah 大学生ぬかるんだ人達が雑念にとらわれて腹立った連中は 寒々殺す腹立ったら 笑え俺をそして腹痛で死ねYeah 大学生
社会のマドが開きっぱなし ささくれ立ってせからしいー突拍子もなくテンション中毒の侠客 あらわるそれをめちくらまかして夢、誘うはらはらの時に備えイメージコントロールの体操を行うガキをからかう その仕返しとして対戦車爆弾を腹一杯食らう犯罪者がはらますBEAT そこらじゅうで行き倒れた人々あれは多分きっと土曜日のどよどよ戦闘が死っぽりとゆるめきあって年令のドレイで不感性の女が鳴りすぎてうるせえU・RU・SA
深夜3時の風景画 歪んだ空気とその色合い脳内浮浪の旅ばかり 深夜3時の風景画歪むフォルムがステキだねカランコロンとゲタが鳴き チエちゃんがやってきたニッカリ笑うが強い意志 赤いポッチリふるわせて白黒の街に住んでいる発展途上のケモノ道 BUKIMIに笑うしゃべる猫UFOから怪電波 攻撃開始の合図だろうあれはニセモンかホンモンかのろいの現場に落武者がじりじり蠢きあっている戦いつかれた負け戦 ウイスキー
くりかえされる諸行無常 よみがえる性的衝動…6本の狂ったハガネの振動 R・O・C・Kでオマエを扇情念のカタマリ 念のカタマリ 念のカタマリテレキャスから吐き出し 歌い上げる冷凍都市のくらし6本の狂ったハガネの振動 R・O・C・Kでオマエを扇情くりかえされる諸行無常 よみがえる性的衝動…土曜日の夜の実感がわかん日々に俺は成り果てたありふれた商店街のシャッター次々と閉まっていった誰かが散らしたゲボだら
はっ社会のマドは開きっぱなしくりかえされる諸行無常 よみがえる性的衝動…My crazy feeling My crazy fantasy毎日、大体狂って不思議 俺の目玉が見る景色都会のえじきとなって暮らし 我々はえんえん能書き垂れ流し見えてくる本当の現実 俺が削ったTomboの鉛筆これを用いて刺す言葉 さらに鋭く研ぎすます音は現実、社会のマドは開きっぱなしいっぱしの物言いと経済力。比例する想像力
I Feel Fender Telecaster鳴る夜 俺はここに立っているアンプにブチ込んで 打ち鳴らす6本の狂ったハガネの振動俺の体にとり憑いた得体の知れない感情が鳴り響く そこら辺りにまき散らす鳴っている 遠くに聞こえる馬鹿太鼓練り歩く 1弦から6弦へ1フレットから24フレットへこの広大な思索の荒野を練り歩く
無い思想 ムリヤリ持とうとしとる人 とってもかわいそう愛想笑いでシノギ 自分殺しの前科で生き延び USODARAKEのこの街並に埋没していくことをよしとし 思い出したかのように時々、夜中一人で泣いちゃったりションベンたれた甘えん坊の中道、中流己を知ったか知らんか我ばかりをアピール声のデカイ奴が勝つ。それならば貴様が生涯において体験することのないような大声を俺は放つ 声を枯らす そしてそれはとても大
初夏の日 撃ったアイツは吉原県猫街へ逃亡捜査網突破しても押さえきれん性的衝動買ったのはチョンの間の女郎 速攻 狂い屋が出動冷笑とともに開始する工作活動 日本刀にぎりしめた騒々者たちが街ん中を浮浪街ん中を浮浪街ん中を浮浪無所属の女が流れ着いた先 吉原県猫街桃色塗ったくった街 あまりに花っぽすぎてためらいがちになっとるのもつかのま座敷に上がって30分間2万5000円の過ちふと思い出す少女だったときのあ
踊り念仏 EROい女が念仏を唱えながら撃つ腹の底から欲情していた俺の鬱屈ロックミュージック その振動と信号が頭脳のど真ん中までたどりつくそしてLとRに大きく揺れる脳漿タマシイの解放 躁状態の暴走 緊急事態を告げる体内放送とうとう俺の全神経細胞は揺れた揺れた揺れた!!6本の狂ったハガネの振動揺れる脳細胞YURETA YURETA YURETA沸点を突破した血液が逆流その速い流れに乗っかって溺れていく
夏休みがはじまってガキどもと騒々者(そうぞうしゃ)たちが戯れあって街中を塗りつぶす 不健康な血色に半透明だったはずの無色の街を塗りつぶす今年の夏は温度をもっていない震え上がって 内臓さえも氷らかすCOLD SUMMER COLD SUMMER体温を奪いとる太陽を睨みつけている提灯が安らかにとっても静かに光ってる線香が絶えていたので俺はそれに火を付けた線香消えたら 大変だ!!線香消えたら先祖が盆に帰
マンション団地の連なりに亀裂が走って不穏な空気終わりのキセツの予感におびえてだんだん歪んで見えてくるラーメン食らって新聞凝視とっても可愛い本屋の嬢あの娘に会いに文献あさって近頃とってもインスタントラジカルあたりかまわず議論をふっかけ街頭演説ブチかまし活動家に説教食らって しまいに一発くらされたあー公安警察に見つかったあー内閣秘密調査室にタレこんだインスタントラジカル