休まない翼 – ZABADAK

初めて飛んだ あの空へと
誘う季節が また巡って
海の上駆ける 休まぬ翼
ちりばめられた星座 導べに

かりたてる 見知らぬ国から
届いた風を 羽に受け

どんな遠くても 迷わない強さ
私もいつかは 胸に抱きしめたい
どんな遠くても 風の着く場所へ
ただ旅すること 全てはその中に

黄昏の頃 哀しそうに
啼く声がして 空を見上げる

時を告げ 渡る鳥の羽ばたきの中
永遠 見つけても

生まれたいのちも 変わらない強さ
私にもいつか 旅を終える日まで
誰にも知られず 消えてゆく強さ
ただ旅すること 全てはその中に