見つけてくれた ホントの奇跡 ボクのハート 溶かしてくれたあなたに とてもありがとう あなたは甘いチョコレイト*見つめてもっと 熱く*甘く*強く 虫歯なんて怖くないもん ほんとよ残さず食べてくれる優しさ 知らない道でも 船が沈んでも大好き とてもありがとう 翼があるもん☆どこでも きっとついていくよずっとダーリンダーリン曇り空でも 雨が降っても どこでも一緒に 歩く+走る+泳いで!!+飛んで!!!
I wanna baby kissキミだけに 見せたい世界が待ってるだから baby kissだきしめて☆ 朝まではしゃごう!ときどき気がつけば 一人でグツグツ煮詰めたりどきどきするような 愛をもっとふりかけてすぐに魔法かけてあげる 瞳そらさないでねキミの baby kiss目覚めても この時が終わらないようずっと baby kissだきしめて☆ せーの! で跳ぼうよ!いつでもいつまでも 変わらぬHeart
重なり合う 鼓動 嘘をつく細い指唇を擦(なぞ)ってく瞳 こぼれる光笑顔の向こう隠した 孤独の花銀の髪揺らめいて囁く「君は大事な友だち」って胸元へと滑り落ちる十字架(クロス)の冷たさ 貴方の嘘想い込めた 輪舞(ロンド)絡めた指の先で持て余すの 迷う感情(こころ)そんな笑顔 やめて 泣き出してしまいそう何もかも 投げ出して伸びた黒い髪を靡(なび)かせ優しく笑う 無邪気な声赤い唇が触れ囀(さえず)る「嘘
誰もいない校舎 ふたりきりの放課後時間が止まれと願う僕を 知らん顔で見てる僕の胸にある もどかしい気持ち ah空を見上げ目を閉じて奏でる 君へ贈るこの歌すこし照れるけれどふたりつつむ鮮やかな青空 どこまでも続いてるこの時がずっと 続くように教室の窓から はしゃぐ君の姿が眩しすぎる陽射しが ボクを風とともに運ぶ横顔を見つめ 僕はふと思い出すあの日君と偶然の出逢いに 僕は戸惑い焦る夢を見てる気持ちふた
Lookin Lookin on キミだけのShakin Shakin on オリジナルRockin Rockin on 何度でもBaby, Going on!!どこでも夢が叶うこの世界で ずっと同じスタンスじゃアキアキしちゃうじゃない?いつもキミが選んでるポジションにも無意識かも知んないけど意味がありますから!そんなトコがデフォルトなの? 電波届いてますかー!?もっと傍で感じてってば
ある晴れた日の昼下がり 快調にペダル踏みしめ登ってゆく 坂の上を目指して青い空 雲ひとつない そよ風が緑揺らしてキラキラしたアスファルトを泳いでいたらそれは突然 いやもっとずっと偶然 それよりきっと必然だと信じたいまぶしくて何もかもが 輝いちゃってしょうがないよ心臓が止まるくらい 深く胸に突き刺さった動けない目が離せない 周りの景色なんて見えない視線の先には もうあなたしか見えない「また明日」なん
Fine Day授業抜け出し 二人で昼寝空が 見てないふりしてるキミのハートへ届きづらい気持ち見ててよ…。ロケット乗ってFly on Blue Sky気絶しそうな蒼い空飛んで行くわ 貴方目指してねLock on Your heart捕まえる今すぐにHurry up! ほら 空が夕暮れ染まり 出すRainy Dayライバル登場「どっちに着くの?」雨の音で答え消えるキミと私の距離は微妙すぎて正直…。と
拳をにぎりしめて 私を守ってくれたROCK PAPER SCISSORS GOROCK PAPER SCISSORS GO焦がれた想いをぶつけてもアナタはスルーする言葉だけじゃ伝わらないの?髪型を変えてフリルとレースで攻めようかな一撃必殺の奥義はいずこに?恋はゲームじゃないけど 勝負をかけてLETS MAKE LOVE TONIGHTNO ROCK NO LIFE抱き合って抱きしめられて愛の炎が
消えゆく青い空 遠く儚い想い 静かに変わりゆく世界誰にも気づかれず そっと息をひそめて 心の奥深い場所でどこまで走れば この夢の おしまいが見れるだろうか果てしない 地平線未来 見てみたい あなたと二人でそこにいたい期待 していたい 灰色の空 塗り替えるの神様に届くように 煌めいて降り注ぐ太陽浴びて 熱く赤く強く砂漠に咲いた花 まるで奇跡みたい 静かに見守ってずっと飛び出す準備は 出来てるの タイ
キミの思い出に手を合わせ私、歩いてきたの昔、遠い記憶の中で今でもね 憶えてるから昔すぎる事か私の心を光射す翼き羽ばたかせたAH キミへの気持ちそう想いの彼方いつまでもこれからも歩いてゆこう この先もAH 私のHeartそう届くと信じ誰よりも大好きと言い出せますように!キミが思い出をくれたからずっと思ってきたの今も笑顔が素敵だからハートがねドキドキするの想い続けてるの心の底から恋すると可愛くなるんで
いろいろ御託を並べているのは頭にいろんなものが詰まりすぎてるんじゃない?ついつい調子づいて イイコト言っちゃうのはなにかやましいものでも隠してるんじゃない?過去のことはとやかく言わないわ これからはあたしだけにしてねi want you, Go to heavenシャンプーしてあげる その心ぜんぶ洗い流してあげるよシャンプーしてあげる さっぱりして気持ちよくなれるよcause i love you
あなたに見つめられてると ドキドキしてるのよ気付かないの?気のないそぶりしてるのは… わかるでしょ? あなただったら迷惑なのは 言葉じゃなくて 鈍感なハートなのよ「好きだよ」と素直な気持ちが 零れそうになるふたりきりだと ビートが速まる少しだけ意地悪したのは あなただからよ切ない痛み わけてあげるわ ダーリンそんなに急がないで ねぇ ふたりの時間は逃げたりしない秘密のトビラひらくのは… わかるでし
自転車が駆け抜ける街角に隣にはいつもの元気な声少し雲が速く流れる空なびく髪の匂い 風が運ぶそれは当たり前で夢のような景色明日も続くとは限らないけど目の前にある幸せをいつまでも繋ぎ止めたい私の世界のかけらをもう無くしたくはないここに今たった一つだけ残されたその宝物守り抜くことができればそれでいいと思うからふとした瞬間に蘇るよ私を形作る思い出を心揺れた頃は数え切れないほどに欲しいものが随分あったんだけ
抱きしめて 幸せのカケラを 繋ぎ合わせるようにあなただけを ずっと信じている あの日のままで変わらないつばさひろげて運命の風にのってもうすぐ会えるきっとあの丘で遠回りを したから それだけ強く 想いがつのった抱きしめて 凍りつく夜空を やさしく溶かすようにあなただけを ずっと待っているの 永遠に口づけしたいもし いつか見た夢の中ほんとうならもうすぐ会えるきっとあの丘で街の色が変わっても あなたはど
いつの間にか心に 深く刻み込まれた見えない音の煌めきが 熱くここに響いてるいくつもの想い出 笑顔重なる時間大切なキミとボクの未来を描くこの蒼い空のどこかに 探してた道がある果てしなく続く階段を キミと飛び越えてく遠く離れていても 心寄り添っていたそれぞれの色に囲まれ 同じ鼓動感じてる過ぎ去った時間の涙 消えてくようにいつまでもキミはボクに勇気をくれるこの碧い瞳に映る 輝き魅せてあげるありふれた夢じ
もう少し近くにいけば ふるえる胸の鼓動聞こえるの?憧れの透明な羽根 うまく飛べないsukiとkissを集めたら いつかは行けると碧い海の底から見上げる眩しい水面の向こうへどうしてもっと素直じゃない 言葉は心隠してしまうの?大好きなフワフワしっぽ 役に立たないキミとボクの間には どんな冒険が紅い糸をたぐり寄せてみる絡んだ奇跡を解いてずっとずっと好きでした この日を待ってる甘い涙 溶かした海からいつか
胸に抱くキミへの言葉いつか伝えたいな零れる微熱 高鳴る鼓動始まりは分からないけど一度気付いた 消せない想い嘘にはもう出来ないから出会えたのがありふれた偶然だとしても特別な意味を感じてるキミのそばに居られることをいつも神様に感謝です迷いのないキミの横顔ずっと眺めていたいキミと二人過ごす時間が揺るぎない力をくれるよふいに浮かぶキミへの言葉いつか伝えたいな僅かに触れる暖かい指優しい台詞 それだけで夢の続
恋しくて眠れない夜 星占いも読み飽きて誰かの声を聞きたくて テキトーに電話した頼りない留守電メッセージ キミは今どこにいるの?冷蔵庫の光浴びて 狭い宇宙さまようキミのくれたレコード 何度も針落とす変わらない温もりを いつまでも信じてOH! BABY!囁いてねぇ耳元で そう 優しいその声きかせて手をつなぐ 胸の中へ辿り着く 淡い吐息に包まれて交差点のコンビニがマブしくて ワケなく吸い込まれてゆくなー
あなたに逢いたくて 夢の中を旅するカラフルな世界なら きっとわかるはずなの見上げたお日様は みずいろに輝いて透き通る身体ごと どこまでも映してくずっと昔に無くしたままの ちいさなカケラ見つけ出して早く ここにいるからふたり もう一度逢えるならなんでもするよ! お願い!ここで奇跡起こしてもいいじゃない?目覚める前に気づかない間に 地球は回り続け目の前の景色さえ いつかセピアに変わるあなたに逢うまでは
どこへ行ったらどの道を進めばこの気持ち満たされるの?理不尽なこと忘れ去ってしまうそれならば自由は来る?誰も答え探すそして痛みを増すの傷付いたこの羽は色を亡くしどんな色重ねても広げられない僕が知らない色を君がくれた「希望」という色に染まってゆく僕がいる何かを知れば何を信じるならその先は満ちているの?無音の闇は止むことを知らないそれなのに明日は来る誰も答えを待つそして誰も孤独を傷付いたこの羽は色を纏い
扉(ドア)を開けて行こう 色褪せない明日へ臆病なココロは振り払って光照らす世界でいつか出会える仲間が待ってる想い合う優しさに散らばるパズルのかけらが繋がってくひとりで描く道よりもホラ続く未来 きっと輝く軽く地面蹴って ここから飛び出そう窮屈なココロは置いたままで掴んだ手は偶然じゃないからその笑顔守り抜くって誓うよ true heart背伸びしても届かない悔しいコトもたくさんあるけど強く想う気持ちに
見せて見せて ココロのあったかいところはいいねいいね エネルギー今日も元気なんです会いたいから 追いかけてうれしくなる ワクワクととびついてみたり 勝手に喜ぶ私…強い?みんなみんな幸せに なれる日をつくりたいみんなみんな いとしさの翼を ひらこうぜんぶぜんぶ ココロに持ってきてくれたらいつもいつも テレパシー!勇気をわかちあってそっけないこと 言わないでそんな距離とか 寂しいよほんのちょっと愛を 
ふわふわ流れる雲の谷間を覗くあの光明るい空気に身体 委ねる雛鳥(ひなどり)のようにそっと触れる風の指先でいつかきっと高く軽く遠く…あなたに届く小さなカケラ今すぐ受け止めてもう二度とあなたとはぐれないように優しく抱きしめるUh ずっと ずっとひらひら散りゆく花の向こうに見えるあの景色静かな夜空に身体 預ける若木(おさなぎ)のようにそっと浴びる深い月明かりいつかもっと強く早く遠く……あなたに伝うわずか
あおい森の影橋をこえる午後胸にゆれる声想い出とおい空に会えるなら会えるなら夢の町さまようだけ?きらり触れ落ちる花をさそう雨明日はそこにある見えないだけであるよひとりよりひとりよりあなたへの旅をしたい
陽炎ゆれる 道の向こう見てたいろんなことが いろんなふうに揺れるわかりあえず 心乱れて置き去りのままで 明日へ Fly Away激しさが潜む絆せつなさが胸をふさぐ違和感がぬぐえなくて冷えた体 運命に囚われてる炎の向こう 鼓動だけが響く同じ場所へと 心重ね歩くほら 思いのかけら集めて伝えられぬまま 何処へ? Get Away戸惑いを隠せなくて傷つけたことに悩むもどかしさ抱えながら飛ぼう空へ 守りたい
You make my day!会えるだけで 輝く今日のわたしEveryday 見つめてるよ わたしのこと気づいてほしい……ゆうべのことを気にしてる確かめたくて できなくてWhy? 自分のこと 見失うねぇ ゆれる想い どこへ向かうの?眠れぬ夜 今日も過ごしてるの祈りは空駆けて 星に変わるCan you feel me?こぼれそうに きらめく thousands and one starsEvery
ふたりきりで歩く公園おだやかな風 髪なでるたあいのない話をしてるそれだけで うれしいふと…目と目が合った頬…アツイよだめ…許されないよ そうでしょ…些細なことが 心に火をつける想いは止まらない今まで通り ふるまえなくなるよ目をそらしたそばにいると安心できるさりげないとこ スキ…みたいごめんなさい 迷惑ばかり微笑みが まぶしいなぜ…優しくするの?胸…ふるえるでも…約束したの そうでしょ…近づきたくて
言いたいコト 見せたいモノ ありすぎてパンクしそうだからちゃんとメモをとって 準備万端!キアイ入れて おめかしして キラキラのリップでキメて気づいてもらえるかな あなたのために見えないオシャレもしたのよ楽しい事なら ナイショにしてちゃもったいない!ほらね しっぽがはみだしちゃう 私 シークレット ザウルス驚くかな? 喜ぶかな? 多分その両方ね会えない時間が私を 強くしたの腕を組んで 街を行けば 誰
ふたりで歩いた 帰り道ドキドキ鼓動 止められずふざけてる振りしたどうして聞き分けがないの? こんなにも胸が痛いわかってるけれど 隠せない 止められないだめね あなたの言葉が 胸を締め付ける「気付いて…」心の中で ただ繰り返すだけそばにいさせて見つめる視線が 熱くなるいけない どうすればいいの?教えてよ 神様もしも許されるのなら 夢に見たようにそっとその胸飛び込み 離れない もう二度とお願い わたし
あなたとふたりで歩きたい夕焼け色に染まる この砂浜あしたはきっと何か起こる願いを込めて瞳閉じれば聞こえる波音SummerDays遠くから見ていた それだけで幸せになれるまるで太陽みたいな微笑み もっとそばで感じたいあなたとふたりで歩きたいいつもの帰り道で 手をつないで青空広がる海岸に 潮風 テトラポットすべてが愛しく感じるSummerDays神様がいるなら お願い少しだけ叶えて偶然も運命と信じて