ココロノック – YuNi

いたずらな言葉が 溢れるいつもの午後
退屈な毎日に風が吹いた

ありふれた世界で 君と過ごした時間は
当たり前じゃない気がした

何度だって 笑いあって
楽しい日々を重ね
胸の奥にしまい込んだ 想いを探すよ

ココロの扉を叩いてる
ひとつ ふたつ 鳴り響くノック
誰にも聞こえないまま キモチは眠る

明るい陽射しのその裏で
ホントのコト 隠れんぼしてる
いつかきっと見つけてね なんてね

意識してなくても 自然と追いかけてる
君と自分の影 ひとつにしてみたり

ありふれた季節も 君のとなりにいたら
特別だと思う不思議

呆れるほど ふざけちゃって
困らせたりするけど
素直に なかなか なれない
逆さまの気持ち
言い出せない

耳をそっと傾けたら
小さく震える音
胸の奥に増えていくよ
波打つ鼓動の足跡

ココロの扉を叩いてる
ひとつ ふたつ 鳴り響くノック
誰にも聞こえないまま キモチは眠る

明るい陽射しのその裏で
ホントのコト 隠れんぼしてる
いつかきっと見つけてね きっとね