終わりのない旅 未来までずっと駆け抜けていつまでも続きを描こう 何を望むのか 震える身体に問いかけた眼差し 行先を探してた 彷徨い歩いた過去から一欠片だけ 残る希望を手に 終わりのない夢 背負いながら回る世界扉の向こう 高鳴る鼓動 何処までも進もうこの空の果て 君とならもっと遠くまで飛んでゆけると信じてるから いつしか叫んだ誓いは覚悟の証 宿る強さになる 止められない今 重なりゆく時の中で新たな記憶 明日を