夏の終わりに… – yozuca*

君と過ごした、あの夏の日は
まぶしいほどに輝いて

新しい風、駆け抜ける空
大切な時過ごしたね

悲しみ忘れられぬ夜
やさしく抱きしめてすぐに

微笑む顔と少しすねた顔
幸せ感じて

つないだ手と手、離れないよに
君と歩いた、この風景と

君と過ごした、あの夏の日は
まぶしい季節抱いて、空に消えた

君と見上げた、あの星空は
ひとつひとつが輝いて

君と過ごした、あの思い出は
ひとつひとつが宝物

どんなにきれいな景色も
やがて色あせてくけれど

振り返らずに前に進むこと
教えてくれたね

君の弱さも夢見た日々も
大切にして今歩みたい

君と過ごした、あの夏の日は
まぶしい季節抱いて、空に消えた

君と過ごした、あの夏の日は
まぶしいほどに輝いていた

コメントを残す