気づいた みんな作り物だって偽物の喜びさえ我忘れて踊っていた気づいた 嘘ばかりがはびこってでたらめの楽しささえ ひたって笑顔忘れ踊っていた ほんとの風の色 ほんとの静けさほんとの青空 ほんとの微笑み両手を広げて 叫びたい気持ち ほんとの木のにおい ほんとの色合いほんとの海風 ほんとの星屑恥ずかしくないさ 愛してる気持ち 気づいた みんな変われるものだって今の場所から旅立ってもっと遠くへもっと遠くへ気づい
雨が上がったなら君が来るようでこの場所を動けないコーヒーをかきまぜて 海が見える席で頬杖ついているこの店で待っていたあの頃のように 君を忘れない いつも笑顔に包まれてたあのクレイジーな夏の日々の記憶風の中で いつも僕の傍にいてくれたそうデイジー 今も君を想ってるデイジー 君ともっと居たかった 君を見失って初めて気づいた大切に想うものほど大切にできない 君を忘れない いつも笑顔に包まれてたあのクレイジーな夏
きっと 気がついてるはずさもっと 自由になれることずっと 昔から知ってるよやっと 答え見つけたんだ いつも同じ生活の繰り返し時間通り動いているだけのこんな人生送るだけのために生きているんじゃない 誰もがすべて諦めてるわけじゃないんだって事 示して行かなけりゃ灰色の太陽が昇ったならまた沈むだけのこと 街は君の事 何も見てないよ街は君の事 何も変えないよ きっと 気がついているはずさもっと 自由になれることず
昔一人 孤独抱いて 歩くいつものタウン見るものすべて 灰色の抜け殻の風景 今宵二人 君と二人 歩く見慣れたタウン色づく自由に 回り出すそうさ 黄昏ヘブン 気づいてる みんながきっと一人では いられないってこと君の唇に 指先に灯る微かなそうさ 黄昏ヘブン 気づいてる あたりまえのことさ一人では いられないってこと風に誘われて その誘いを断る事は出来ないってこと そうさ 黄昏ヘブンそうさ 黄昏ヘブンそうさ 黄
遠ざかる花びらが日だまりに舞い落ちて行く胸の奥遥かな青い空に溶けるように優しくて儚げな微笑みに風が吹き抜け胸の奥微かな木漏れ日が揺れた気がした テーブルに塩と砂糖の小瓶があるように僕ら二人 当たり前のようにここにいるね 暖かい黄昏が降りてくるこんな時間に握った手のひらは離さないいつも通りに テーブルに塩と砂糖の小瓶があるように僕ら二人 どちらも欠けちゃだめさ きっとそのまま 舞い降りた花びらがまた風に舞い
夕暮れの海に出て波間に漂えば遠くに見える星影まるで君の様だね いい波を待っている オレンジに染まった君の長い髪に見とれていた僕だけどボードに座っただけの何もない時間が過ぎて ああ 誰もみんな サーフィンが出来たらいいああ いつだって こんな風に頭の中で考えてるだけ 海も波も好きさ ボードも持ってるけど一度もやったことないし 素敵な彼女もいない本当の僕の姿は ああ 誰もみんな サーフィンが出来たらいいああ い
夕闇の街に灯がともり家路を急ぐ人たちもちろん僕もその一人小さな不安にうつむいても 遠くに灯る家の明かりには待ってる人がいるだからそう 僕は顔あげて笑顔になれる 普通にまた僕にもどれるよ いつもの生活の中疲れて 慣れてしまってこの目は何も見ていないこの耳は何も聞いてないけど 遠くに灯る家の明かりには待ってる人がいるだからもう 今日は忘れるさこの瞬間から 普通にまた僕になれるよ 遠くに灯る家の明かりには待って
新しいスニーカーおろして出かけよう 気の向くままに鳥が歌う 風が笑ってるa peaceful day 歩いて行こう 果てなく続く空に 浮かんで消える君の横顔会えない日々の中で 不安な思いを重ねるの? バラは甘く 道は喜んでa lovely day 一人じゃないよ僕が唄う 風が運んでくa peaceful day 君が笑顔に変わる 果てなく続く空に 浮かんで消える君の横顔会えない日々の中で 二人の思い重ねてく おそろい
どしゃぶり 雨の街心の中までルーズ遠ざかる知らせはまだ誰の耳にも届かない 君住む街の方から 青空向かってくるならこんな部屋飛び出して傘なんかささずに走っていこう あの丘に集まろう夕暮れの街並 見渡そう夕焼けに集まろうすべて洗い流された場所へ ぬぐいきれないもの傷の残る昨日も知らない明日がもうすぐそこまで来ているよ 忘れることさえもできないことがあるなら知らない顔をして雨あがりの街を走っていこう あの丘に集ま
真夜中のパーティー 抜け出して君と二人 抜け駆け今頃みんな騒いでるあの二人消えたぜ 永遠に知られない恋心抱いて今夜小さな反乱の物語 OH! OH! シャララララ 知らねーぞOH! OH! シャララララ 帰れないOH! OH! シャララララ遠くで見てる神様 少し笑ってる 始めは君も 驚いて冗談だと思ったしょその内いつか真顔になって本気なのと聞いたね 永遠に目立たない脇役の僕も今夜小さな主役の物語 OH! OH! シャ
坂道をのぼったら海が見えてくるから集めつづけた夢を解き放つ 虹になる 日差しの色は強く雨あがりに輝く手の平をかざしたら夏が来る 虹が出る いつか虹の片方 つかまえる 約束をしていつか小さな手で つかまえる いつかきっときっと きっと きっと いつか虹の片方 つかまえる 約束をしていつか小さな手で つかまえる いつかきっときっと きっと きっと 坂道をのぼったら海が見えてくるからバラバラの夢だけど解き放つ