銃口を覗くサルに僕は、独り言を投げる「コイツの使い方を知りたいか?」彼は解ってるのか解らないのかこちらを見ている僕はおもむろにピストルを構えたオーバーテクノロジーI knowきっと君は恨んでいるだろう勝手な僕を構えてた手からピストルが滑り落ちた今までごめんな好きなときにメシも食えないように縛ってきちゃって君に任せるよサルはおもむろにピストルを手に取ったオーバーテクノロジーオーバーテクノロジー嗚呼、