クローバー – yama

絡まり合う関係は
カラトリーで掬ってフルコースにしてしまった
君はどうやら数奇な人生を
食べあったり傷ついたりした

魔法の様に知り合えた二人
まだ解けないでいてと
丸いプレートの上で寝転がった

例えば僕が一人で奪われることに慣れていったら
サヨナラ出来る時までほら このクローバーを握っていて
グリーンの花びらの様に変わらない素顔で

気怠いこの感情は
クロスと共に丸めてしまって仕舞っていた
それはどうやら逃げてる様な
後ろめたさがまとわりついてた

言葉通りに受け取った話
それでもいいと言って
崩れ落ちた蝋燭に頼ろうか

またいつか笑顔で歌を歌える時がくると知ってた
曖昧なままでいいからこの世界とはお別れしよう

ただ私がそこに入ればそれで良いと分かってたのに
花が散れば気づく様な鈍感な私だ

例えば僕が一人で奪われることに慣れていったら
サヨナラ出来る時までほら このクローバーを握っていて
グリーンの花びらの様に変わらない素顔で