君が居たあの季節は通りに吹く春の風にかき消されてゆくようなそんな気がしています君と見た夢は遠くどこかで佇んでいて取り残されているようなそんな気がしています何に怯えているのかさえ解らず僕は今まで何処に居たなんて事は忘れてやがて思う戻る事を残された勇気が歩き始め出し遠く見つめ支える風優しく身を切る君が居たあの景色は通りに咲く春の花に誘われて消えてったただ一つ傷を残してこの痛みはその優しさ消えない火この
抱え切れない程の涙色した悲しい歌に包まれてありふれた孤独渇いた空見上げて歩く気付かずに手放した大切な何かを見つけて進もうそれぞれの時間その思い出に寄り添えるようにもしもあなたと出会えなければ知らずに過ぎた優しいあの日いつか私は思い出す瞳閉じて寂しさつきまとう小さな胸に響く心細く言葉は宙を舞う果たせない約束ゆらゆら揺れる繰り返す日々あなたがくれた涙でいつかこの花を咲かせよう 少しづつ暖かな風暗闇照ら
I had a large quantity dream and.Future figure was just like blank paper,as a
I dont know what happen to her. I dont know whats going on.Wanna know
Whats all you need to say good bye?Whats all you need to hold me
Everything that could have went wrong, went wrong these days.Now isnt the time. Would
Taking a beginning step for the first time is our necessary role.Theres a line
Its far beyond your reach.It holds a place in time.Somewhere ahead is the back
I wanna do what I can do and I will be more than what
I tucked myself up in warm bed as usual.I got to sleep while I
悲しい答えぼんやり消えたうつむく僕は形がなくて夕日と沈むさびたこの目が今は静かに空を見つめて正しい事はただ側にいて信じた事は手が届かなくて逃げていくのは憧れた夢諦めたのは。。。 もう忘れよう数ある道の行き先は何処道端の花寂しく揺れる夜空に祈る星は答えず今は静かに空を見つめて正しい事はただ側にいて信じた事は手が届かなくて懐かしい日々もう忘れるからいつもと変わらぬこの街並と数え切れぬ出会いと別れが何か