紫陽花 – WOMCADOLE

茜色をした空に浮かんだ朱色のドレスが
花のように咲いては散った
最低な運命が導き出した答えを信じるな
まだ枯れていない花の名前は、紫陽花の花
雨に打たれて頷く
あの夜も似たような君を見たのに
瞬きを繰り返していた

二人だけの秘密をした
帰り道の夕日が落ちる頃に
きっと二人がまた二人だけの話を
できる日が来ますように
あの日みたいに笑えますように

形を変え、季節は進んでいく
置き去りにされたのは僕一人か?
さらば愛しき日々よ
ありがとう
君と半分こをした
紫陽花の花を持って

きっとこの先また二人が出会う事が無いと、わかっていても
君の未来に僕の姿があるなら
ただもう一度会いたいな

二人だけの秘密をして
帰り道の夕日が落ちる前に
君を連れ去ってまた自転車を漕いで
隣町まで行きたいな
あの日みたいに笑えますように

さらば行こうぜ僕らの初めましての今日
いつかは出会うべく息を止めないで来た
ならば僕が告げる事、胸に手を当てて
君との約束果たす時
紫陽花の花を持って君のいる世界へ