Enough Is Enough – Who-ya Extended

焦燥まみれの諦観主義 懐疑心くすぐる情報過多
決壊する感情を塞いだ Enough is enough
リアリティの偽装 イマジナリーの像 連なり合う禅問答

弱さと強さのスケールを 善悪に当て嵌めたい現実
Noと抗うほどに指が 焼け付くように疼いた
底の見えない悪意に 支配されてく瀬戸際で
嘆く声に弾かれた 遠くても目を凝らせ

確かめた不確かな罪 捻じ曲がる淘汰の前に
問いかけたい微かな愛 切り開く 起死回生

YesかNoかの二択じゃ 辿り着く術の無い真実
堂々巡りの迷いを かき消すように疾った
今も消えない決意に 自壊されてく瀬戸際で
揺らぐ声に気がついた 後悔なんてしない もう一切

つまずいた皮肉な問(とい)揺れ動く矜恃の前に
突き止めたい確かな解 最果てまで飛ばせ

Break 突き抜けたって 届いたって 見下ろす世界は無い
果てを見たって そこに立って 胸がヒリつく
振り解かれないように 雁字搦めの糸を 握り締め 這い上がれ
Hatred never go
It’s what you will ever know
That’s why you live in the lovely world

幻想まみれの現実主義 好奇心揺さぶる連鎖の中
暴走してく熱を抱いた

廻り回る言葉の棘の 終着点を避ける原則
迫る声に耳を塞ぐ 後退なんてしない 金輪際

確かめた不確かな罪 捻じ曲がる淘汰の前に
問いかけたい微かな愛 切り開け起死回生

Break 追い越したって 掴んだって 独りじゃ足りない
こぼれ落ちて 壊せなくて 失う前に
掴みかけた景色が この眼が時を終えても 続くように 繋いで行け

Break 見下ろしたって 見上げたって
Break 果ては無くて ただ願って 道は続く
この手で選べるなら 消えそうな その声を 声を

Break 突き抜けたって 届いたって 見下ろす世界は無い
果てを見たって そこに立って 胸がヒリつく
振り解かれないように 雁字搦めの糸を 握り締め 這い上がれ
Hatred never go
It’s what you will ever know
That’s why you live in the lovely world