春色の汽車に乗って海に連れて行ってよ煙草の匂いのシャツにそっと寄りそうから 何故知りあった日から半年過ぎてもあなたって手も握らない I will follow you あなたについてゆきたいI will follow you ちょっぴり気が弱いけど素敵な人だから 心の岸辺に咲いた 赤いスイートピー 四月の雨に降られて駅のベンチで二人他に人影もなくて不意に気まずくなる 何故あなたが時計をチラッと見るたび泣きそうな気分にな