二人並んで空を眺めた静かな夜の風と星の下でずっと心の中にしまい込んでた小さな寂しさが音をたてた こんな側にいるあなたなのにこんなに優しいあなたなのに会う度遠く小さく見えてしまうそう いつまでも不安なのよ だから もっともっと側で 私だけ見ててわがままなのは分かってるだけど もっともっと側で 私にだけ笑って言葉にできない切なさに気づいて 二人並んで空を眺めた景色とあなたを想いながらそっと目を閉じたそうよたばこ手にす
逢いたい いつもそればかり胸の奥で叫んでる悲しい恋になりそうだけど今はあなたしか見えないあふれるあなたへの想い言葉にできる勇気あれば壊れて消えて行く恋さえも涙に変えられるけどいまはあなたの声あなたの瞳あなたの笑顔あなたのすべてちぎれそうな気持ちでずっとあなたを愛してる shining star お願い時をとめて二人の時間を永遠にしてshining love 他に何もいらないただあなたが欲しいだけ 逢えない時間が
いつかきっとあなたの夢が 叶うまで見つめていたい ずっと フェンス越しいつでも 風に揺れる背番号誰よりあなたの 声が響いてる夏の日射しの中 陽に焼けた横顔元気に笑ってる あなたを見つめてた 誰もいないグランド 一人あなたの夢を 感じていたの 頑張れ夢に向かって 走り続けるあなただけにエールを送りたい いつでもゴールは遠いけれど くじけないでまだ見ぬ日に 出逢うまで あなたのユニホーム 夕日に赤く染まる明日も逢
あなたに巡り合えた 奇跡を信じたいの喜びも悲しみも 笑顔に変えて いつも気づかぬふりで 自分に嘘をついてきたけれど好きな気持ちにだけは 素直でいたいどんな時も ねえ 心に目覚めたパワー そう あふれ出す光の中でずっと こんなふうに側にいてね 今 何かが変わり始めた 嘘じゃない微笑みで 私だけ見つめてくれるあなたの優しさを ずっと感じたい強がりな私を消して 優しく生まれ変わるあなただけが知ってる 今の私に