冬の風 — WAVE

君のことだから
忙しく過ごしてるかな
街は人いきれ
僕は一人たたずむ

用事ならとっくに終わらせたはずなのに
足が向くその場所に
今年君はいない

ああ 深い夕闇
夜の帳を 下ろすとき
ふっと白い息が 儚く空に消える

瞬く夜空の星の光に 願いを込めるよ
かじかむ手と手握りしめた日の
君への想いは
ずっと続く

二人きりなれる場所
あてどなく探し歩いた
不思議だね 思い出は
楽しいことばかり

ああ 寂しさだけが
手元に残ると知ってたなら
君の優しい笑顔
儚く空に消える

瞬く夜空の星の光に 願いを込めるよ
今すぐにでも会いたい気持ちが
溢れ出してゆく

君の幸せを願う気持ちに変わりはないから
寒い風 頬に当たると少し
涙がにじむよ

瞬く夜空の星の光に 願いを込めるよ
今でも残るこの手の感触
君への想いはきっと