Woh Woh その笑顔もその涙も全部ありがとうWoh Woh 新しい時代を僕らが創ってるいま 聞こえる声援(こえ)ただ 胸に刻め幼い頃に夢見たことすべて現実に出来るわけじゃないけれど泣き言だとか悔し涙だとか一つずつ乗り越えて掴んだものはAh この時のためにWoh Woh もっと強くもっと高く跳べるはずだからWoh Woh 見上げたなら手を伸ばせば届くはずだからいま 走り出したもう 迷わない時に支
出口が見えなくて手探りで歩く時でも君が居てくれるなら大丈夫さ Yeah嬉しそうに君が開いたアルバムの裏表紙には出会ったばかりの僕たちが二人並んで顔こわばって無理矢理のVサインもわざとらしくて ぎこちなくて目を見合わせ照れ笑い微かに揺れる気持ちの先辿れば君に行き当たる僕だけに見える優しさをこの先ずっと 失くさないで君は君のままで居て十年先も 百年先も今が色褪せないように変わるもの変わらないもの今の僕
君がKissした それは突然に振り返った君が 僕と重なったずっとそのまま たぶん15秒以上僕らの未来が そこから始まった 君を守るそう決めたんだ二人の夢見ながら慌ただしい毎日 過ぎてった何もなくカノジョもいないと 暇な休日 持て余してた沢山の時間昼下がりのCafeで 突然声かけられて驚いたけどうれしかったんだ Shyな僕は戸惑っていたけどいつも君が何でも決めちゃうから 少し頼りなく感じられるかもん
泣いてる君をずっと見てたいつもと同じ公園のベンチ旅立つ僕は何も言えず「サヨナラ」かわりにその手を握った溢れ出す気持ちはずっと変わらないけどそう 君がいたから歩いてこれた笑って泣いてすべての瞬間(とき)を君に心から ありがとういつかまた出会うその日まで笑って「またね」強がる君は 笑ってたけど「がんばれ」メールに涙の絵文字いくつも季節を通り過ぎて運命はじめてそんなふうに思った蘇る思い出胸の中しまってそ
巡りめぐる 季節の中僕らは時に立ち止まってささやかでも 君に こころ奪われる何にも言わずに咲いてる花のようにそっと誰のためでもなく生きてみたいと思うどんな時でも君は穏やかな眼差しで出会いも別れも涙もそっと見守ってきた気付かないまま忘れそうになるけどいつの日にか散りゆく事を分かっててきっといつか また逢えたらその時はもっと笑えるだろう君が咲いて 風が 少し暖かくなる頃に巡りめぐる 季節の中僕らは時に
今を生きることが未来創るのなら明日に架ける橋になろうwoh woh woh朝の陽に 染まる街始まりを 謳う君刻まれる 時の中気持ちは重なり合う流れゆく 人の波その中で僕たちがめぐり逢う 確率に思いを馳せてみたすれ違う人それぞれに大切に思う人が居て僕もまた君という絆に出会えたんだいつか辿り着ける遥か遠い理想へ君と繋いだ手は離さないよ走れ!時を越えて笑顔あふれるほど世界中が輝き出すwoh woh woh
たとえば波の音とかたとえば空の色とか理由もなく切なく感じるときはいつでも道端の石ころのように砂浜の貝殻のように頑なに閉ざしてやり過ごしたりする傷つくことにも慣れたつもりでいたけれどいつの間に いつの間にこころを許していた誰にも同じだけ幸せ舞い降りるなんて嘘だと 思って卑屈になる自分がまた嫌いに なりそうで石ころになろうと言い聞かせたほころび始めた花もほころんでしまった絆もほころぶ前のまま蕾で居られ
「時間に負けない」って言葉に出してみたけど日常に追われるばかりで埋まらない溝は深くなる君と君以外と秤になど掛けられない言い訳と思われてもいい気持ちに嘘は無いから目が回るほどの暮らしの中でいくつものジレンマ抱えもがいてる君の心に溢れた涙も拭えず何もしてあげられずに恋しくて逢いたいと思うほどに見失う僕たちの行く先CRY空手探りで途切れた糸辿りながら君をまだ探してる愛し合う時には理由など要らないけど想い
めぐり逢う 偶然が響き合い街に 明かり 灯る 季節でも君と またここで逢えるのは必然かもしれないね駆け上がる 歩道橋足音に白く 滲む 息を 重ね思い出は 色褪せることもなく時は止まったまま駅まで続く長い坂道もビルの屋上見下ろす街も公園の隅揺れるブランコもあの頃と同じだねどれだけの思い出を並べるよりまたこうして君と過ごせれば止まった時も動き出すさこれから生きる時間の話しをしよう一瞬(ひととき)を 積
僕は僕のままで今も夢の途中真夜中のコンビニへ今日も一人立ち寄りわずかなお金で買える温もりをカゴに入れる子供の頃描いた大人の僕はなんだか窓に映る自分と少し違うみたい道にころがる矛盾と鍵の掛かった未来を飛び越えられたなら迷うことなく歩けるの?僕が僕らしく顔上げて笑えるように答えを探している今も夢の途中いつも夢の途中母親から届いたダンボールを開けばお金じゃ買えない優しさ涙溢れてきた空に投げた犠牲も缶詰に
静かに冷えて白く凍る道かじかむ手ハンドル握りしめ自転車走らせていつもの角を曲がれば家の前で一人待つ君少しよろめいて二人乗りこんな日常がずっと続くような気がしたやがて年が明ければそれぞれの道歩き出すのかなあたりまえの現実なのに目を逸らしてた君と過ごしてきた日々がいつか思い出に変わるならあのとき僕はもっと君に想いを伝えたかった過ぎた日は今でも胸の奥でひそかに息をして耳をすまして片隅の声に振り向けばそっ
初めて行った君とのデートは海の見える公園話したいことあるはずなのに黙ったまま時だけ過ぎ僕の鼓動が君に伝わりそうで繋いでた手を慌てて離したけど君の目を見て思わずまた握り返したやがて過ぎる季節の中で気持ちすれ違い離れた日々忘れたくても忘れられずに携帯の裏写真の中二人の笑顔昔のまま僕の背中を押して 君へと走らせたもう離さないよ今までの僕とは違うからスキ 君とずっと手を繋ぎ歩きたいよ二人足音 重ねながら君
初めて僕が出会ったものその時感じた記憶はずっとなくしちゃいけない宝物かもしれない何気なく見上げる夜空に今年最初の花火ゆらめいていたありふれた夏の思い出とか急に心が切なくなったりしてあの頃の僕が感じていた季節はもっと鮮やかだったかも今の僕の日常に埋もれたいくつもの大切な記憶を呼び覚まそう初めて海を見た時には世界の広さに打ちのめされて目眩がしてたはずきっと初めて僕が出会ったものその時感じた記憶はずっと
あてもないまま失くした恋のカケラ海に投げ捨ててやがて過ぎゆく季節のように思い出になればいいのに弾(はじ)ける波しぶきと太陽オトコふたり負け組同士恋人たちで溢れる砂浜僕ら微妙に浮いてるかもOh Yeah 落ち込んでばかりじゃOh Yeahイケナイヨ楽しまなきゃ夏丸かじりお日様いつもありがとうスーパークリア空の下僕ら単純ふたりバカやってカラ元気でも強がってても楽しもう時が経つのも忘れて僕ら夏の真ん中浮
Ready go! Fly away!!Ready go! Go your way!!Ready go! Shining day!!Ready
あの日 僕達(ぼくら) 語り明かした空が白く霞ゆくまでみんな共に過ごした日々は時間(とき)を越えて大切なものラ ラ ラ…夕暮れ いつもの場所 独りたたずんで住み慣れたこの街を離れても想い出すよ時間(とき)が流れて それぞれの道夢や希望に思いを乗せて僕達が夜明け間近交わした約束I feel forever…空に☆を散りばめる様に心 今も輝いているいつか夢に手が届く頃闇を抜けて君に幸あれラ ラ ラ…誰
誰も見たことない遠い夢のように変わらない想いのままでWo Wow Wow Wowたとえ離れたとしても同じ大空(ソラ)の下で僕は -ボクは-…独りじゃないからあの日 僕達(ぼくら)語り明かした空が白く霞ゆくまでみんな共に過ごした日々は時間(とき)を越えて大切なものラ ラ ラ…想い出 辿るように 歩く並木道通い慣れたこの道はどこまでも続いてゆくよ月日(トキ)が流れて みんな夢見たひとつひとつが現実とな
あの日 僕達(ぼくら) 語り明かした空が白く霞ゆくまでみんな共に過ごした日々は時間(とき)を越えて大切なものラララ…夕暮れ いつもの場所 独りたたずんで住み慣れたこの街を離れても想い出すよ時間が流れて それぞれの道夢や希望に 思いを乗せて僕達が 夜明け間近 交わした約束(I feel forever…)空に☆を 散りばめる様に心 今も輝いているいつか夢に手が届く頃闇を抜けて君に幸あれラララ…想い出
振り向けばいつもそこで過去の僕が見つめ返しているあの頃の気持ちのまま僕は今も遠く見てるのかな?不安なままに降りたホームで人の波にのみ込まれそうであの日あのホームで大きなギターケースにいくつもの夢つめ込んでその先の未来見えずにいたけど思いは遠く走っていたそして今の僕はまだ道の途中でかけがえのない君と出会い積み重ねてゆく夢を現実にこうして今もこれからも歌い続ける振り向けばいつもそこで過去の僕が見つめ返
君に贈るよ僕からの このキモチありのまま 伝えたい白く光る季節を添えて移り変わる季節は北寄りの風に流されて気が付けば今年の終わりに残されたイベントが一ついつもより少しだけはしゃいでいる君を横目で気後れ気味の僕はなんとなく一歩引いて見てたひらひらと雪が舞う頃にはそんな君がなぜか愛しくて僕は君に感謝してるのさうまく言えないけどそして僕の願いは君が笑う そのことが何よりもただうれしくて君に贈るよ僕からの
夢 希望 抱えすぎてすげー 理想 果てしなくてとても手が届かないよ右 左 どっち付かず白 黒 決められずにいつだって出遅れるんだ囁き聞こえない聞きたくない-聞きたくない-煽られても気にしないスタートダッシュで差がついても-差がついても-焦らなくて大丈夫いつでも僕らは道に迷いながら探して 探して落ち込んだりして笑えなくてもいつかは空まで 届きそうだよ!人 街 支え合ってやさしさ 分かち合ってなんとな
今僕の目の前に迫るいくつもの期待とか不安の中で今までは目をそらしてきたこれからのこととか考えたりしていつの間に過ぎゆく時間に追われて流されてばかりでどうしようもない僕は自分がいつか 進む道さえ決められず今まで生きてきたけれど言い訳だとか わがままだとかそんな自分がなんだか嫌になって踏み出した はじめの一歩子供の頃夢見た自分に今の僕重ねて比べてみてもなんとなく恥ずかしいくらい不器用に生きてる自分が見
今僕は記憶の中あなたを探しても戻れない事実忘れないこの涙がいつか僕の足元固めてくれることを何回も過ぎ去る季節 暖かい日差し浴びて咲く花なんか強くて少し勇気をもらった過ぎ去った時取り戻すよもう一度 Oh新しい道を行く 恐れることないぜ今僕は強くなって走りだしたこの気持ち抱きしめるいつの日か辿り着くよ輝く未来へと今日は夏日街角でよく目にする景色どこからか流れてくるメロディー Oh髪型キメたら さあ出掛
気が付けば道に迷った僕は独りで途方に暮れて進むべき道標を見失って歩きさまようそして終わった 恋なんてそんなもんさ言葉ひとつで いつだってやめられるさああ 強がって背を向けて笑ってみたけれどなぜか君を追いかけてるありふれた僕の思いは足跡さえも残らないけど進むべき道標を見つけてもまだ明日は見えないそして始まった もう二度と振り返らない走り出したんだ 君と違うこの道をああ 手探りで見つけ出す確かな行く先
ドキドキ止まらないよ Yeah輝くあの太陽のような熱い思い胸の真ん中に刻んで走り出そう言葉では上手く言えない何かを伝えたいと願うこの細い道の何処からか見渡せる広い世界終わりの見えない旅いつかきっとたどり着けるさI will get a dream今は自分を信じたいのさ昨日よりも前にその足で進もうよ出逢いと別れ繰り返し少しずつ強くなってゆく自分を誇れるように地に足つけて歩こう鮮やかな大空に大声で叫ん
自分の生きる道それが分からなくて歩き続けた自分の生きる術それが分からなくて立ち止まったこれから生きる道それも自分で決めていかなくちゃ何をするべきかなんて今は知らなくてもいいさ心にある憂鬱とか 苛立ちや焦りさえも自分に甘えてるだけ 頑張れる 乗り越える欲望のままに自由に生きようはだかになってすべてさらけ出せ本能のままに自由に進もうもう振り向かない いつかたどり着く未来へ…心の自由それが欲しくて嘆いて
風笑い空歌う そんな季節がもうすぐそこに立ち止まること忘れていた僕もなぜか足を止めてふり返ればささやかなやさしさとか今思えばあの出会いあの言葉背中合わせで僕を支えてくれてたもしかしたらそれは立場とか立前とか僕に分からないような事なのかもそれまでも僕はきっといくつものシガラミに包まれて守られて生きているありがとう…陽だまりに腰掛けて 穏やかな空見上げて思うきっと誰もが心の隅で思い出にすがっていて未来
決して平凡な毎日にイライラしてるわけじゃないふざけてはしゃいでバカやってたあの頃みたいにどうしようもないことばっかをいつでも考えていた年がら年中誰かの目を気にしすぎてていつも何となく生きてきたみたいに本気でやった方が何十倍も楽しいのに前に進もうぜ 前に進んだら僕は前に進もうぜ 前に進んだら君も大事な物が見つけられる君の両手でしっかりつかめ明日への一歩が踏み出せなくても歩き続けてる止まることのない時
午前三時君からの電話こんな遅い時間どうしたの?「声聞きたくなっただけ」一言呟いてオヤスミ友達と食事してる時も帰り道地下鉄の中でも五分おきに君からのエンドレスなメール届いて二人会えない時だって僕は君を想ってるのに「5センチだって離れていたくない…」そう願う君が切なくて恋も仕事も友情もすべて現実にこなせる自信はまだないけど僕たちが向かう明日はきっと一つだと信じて僕の想いは君から1ミリも離れてないよだか
ちゃんと僕を見てそして話して下さい重たい荷物をそこにおろして下さい僕らの前に青い空と道があるでしょうその場所から今 君に何が見えてますか?僕らの気持ちが ちゃんと届いてますか?明日の話をしよう 未来の話をしようよ夢を語り合ってみようと 目を見て現実を感じてみよう僕らはいつもここで待ってるから君の顔を見せて話して下さい僕らはいつもここで歌ってるから全て伝えるのなんて難しいけど歌ってるうるさい街角 そ