シティライト・ラプソディ – WALTZMORE

排気ガスと揺れる水たまり
味もケもない 吸殻の煙
外はrainy 踊り出す亡霊の足音で
かきけされた いつだかのnight & day
振り出しに戻れるなら とっくにそうしてるかも
「なにもないから抜け出そうよ」って
錆びたアスファルトに唾を吐いて Babe

星の見えない街から街へ
あの日誘われるままに飛び込んで
人の波に呑まれ辿り着いた暗い場所で 今夜も待っててね
ここは如何様のワンダーランド 次の駅にはいけそうにないや
知りたくないことばっか増えてくだけでもう、うるさいな

素敵な靴を履けば
どこまででも行ける気がしてたっけ
僕はなにも変わっちゃいないんだって
だけど rollin rollin rollin

僕らなにを探してたのかも
わからずに ここまできて
街はきっとぜんぶ知っていた
皆 lonely lonely lonely

シティライト・ラプソディ

意味のない この毎日
それでも美しい僕らは dreaming
彼も知らない この街の嘘
気づかないふりをした夜はvivid
リメンバー
いつの間にか それぞれの日々へ
ひとつ また ひとつと 消えてゆく声
正解も不正解もないけど
僕ら ハッピーなエンドは似合わないな

散らかった部屋 真夜中 目を覚ます
裸足のまま なにも持たず 飛び出して
街灯だけを頼りに あてもない冒険を始めたり
君はまだあの場所で 暗闇に抱かれているの?
夏の風にむせ返る匂い もう少し待っててよ
今 迎えに行くよ

素敵な靴を履けば
どこまででも行ける気がしてたっけ
僕はなにも変わっちゃいないんだって
だけど rollin rollin rollin

僕らなにを探してたのかも
わからずに ここまできて
街はきっとぜんぶ知っていた
皆 lonely lonely lonely

シティライト・ラプソディ