ここにいる – wacci

眠れない夜中も 動けない明け方も
それぞれに訪れて
優しい言葉も あなたに何がわかると
突き放し ふさぎ込む
誰にも言えない 癒せない
そんな時 誰よりも
その心のそばにいられるような
歌が
笑顔と涙を繋ぐ 架け橋となりますように
手を叩け 口ずさめ 小さな希望が光るまで
前に歩き出すために 君と歩き出すために
この声が ある限り 僕ら歌ってるから
いつだって明日のリハーサルなんてなくて
後悔もするけれど
そうやってぶつかって 弱さを越えてゆくから
辿り着く未来がある
敵も味方も自分の中
君だけじゃ ないんだと
隣でそっと笑っていられるような
歌が
心と心を繋ぐ 架け橋となりますように
手を叩け 口ずさめ 一人じゃないって伝えあおう
涙の理由(わけ)は違っても 同じ一秒を歌おう
君の声 聞かせてよ 僕らまだ踏み出せる
誰かにとっては きれいごと
だとしても いつの日か
その背中押せるって信じてるんだ 響け
歌が
笑顔と涙を繋ぐ 架け橋となりますように
手を叩け 口ずさめ 小さな奇跡を起こすまで
なくても生きていけるけど あるから生きてこれたって
いつまでも 振り向けば 僕ら歌ってるから