月陰る闇に咲く華底知れぬ深淵を見つめた時を漂い続けた君は星屑の掃き溜めにて目覚めた水を蹴って翅広げ青年の日に別れを告げて今飛び立とう黄金の粒散らして一夜の夢織り上げる宵に安息の繭はほどかれてゆく浅葱の翅の女神の唄に狂わされた獣の魂が踊り燃ゆ積み上げた石は置き去りにして見つけ出せ次なる星の欠片淡い葉影に揺らめく水晶一夜の夢織り上げる宵に安息の繭はほどかれてゆく浄められた夜の遠い物語りに蒼月の翅は舞い