戸惑い纏って飛んだ鮮やかな蝶を 独り静かに見つめてた悲しみを連れて出口無くして 森の入口絡み付く 寂しさで格好つかないで 迷っていたよ束ねた譜面を開き 不慣れな手つきで Woh奏でたピアノから聞こえてくるのは 呼び止める声出掛けの「さよなら。」かけてゆく 月の夜変わり行く数字 見つめる君に火を付けて 森の中飛べなくなる蝶 見つめて酔い痴れていようか帰ろうとせずに はなそうとしない終わり待つ夜と こ