DIRECTORS CUT – vistlip

此処から抜け出そう。
決意したのはもう11月。
繋がれた首輪が似合い過ぎてしまう前に。

浮き出た肋骨(あばら)が如何にも“らしく”演出する。
役作りの上手い僕に拍手をくれよ。

前回の失敗が脳裏に浮かんだ。
「どうせ…またどうせ…」って泣きじゃくるのに誰も助けてくれないの。

神様、どうして僕を選んだの?
僕じゃないとダメだとでも云うの?
愛の裏返しなの?

乗り越えられる壁しか与えない。
なら乗り越えられなかったなら?
「そんなヤツは死ね」と笑いますか?
そういう審査なんでしょうか?
「どうせ…またどうせ…」って泣きじゃくるから誰も助けてくれないの?

神様、どうして僕を選んだの?
僕じゃないとダメだとでも云うの?
何の罰なの?

「今度こそは…」と立ち上がるけど、
僕は今も11月の中ループしてるだけ。