目まぐるしく変わる流行りに合わせるだけでもう精一杯沸き上がる衝動押さえて群れの中に逃げて くたびれた視線休めて立ち止まった夜空には輝くことをやめないカケラが呼吸をする アクの強いイビツな形でもいい全然もっと堂々と踏ん張ったっていいだろう 20世紀のマスタードみたいにささやかなこだわりでいい強引 my wayで突き抜けろ20世紀のマスタードみたいに君だけにしか解らない強引な my wayで構わない 誰も知らない幾千