Hana-bi feat. BIM – VaVa

嗚呼 いつも花火のよう消えて
周りには何もないでも
陽炎のようにゆれてたい

また右左に振られ ALL DAY
関係ない馬鹿話にまたやられてる
せめて夜明けまでにはもう終わらせて…
なんて孤独とまた向き合ってる
何もわかってないぜ
君が花火で僕灰混じりのバケツ
どうしようもないよ
目の前の酒溺れてるなんて
嫌なこと忘れようって I KNOW REAL
ノリノリ 関係ない 今日ぐらい覚えていたい
なあなあ待ってよ 燃ゆる記憶に笑って
またどうせ消えるならって思うけど人は思い出す
オラ男だからもういい
花火のような言葉はいい
陽炎のように言葉なしで揺れていたいの

嗚呼 いつも花火のよう消えて
周りには何もないでも
陽炎のようにゆれてたい

僕はこの街を抜け出す為に仲間を探す
人から見れば汚れたカラス
だから 人目避けて暮らす
なんてちょっとおかしいよな
って思ってある日変わろうとした
これが難しいんだわ りと
ズレてんかな周りと
あなたが火をつけたら
僕は火を吹けそう
単純さ でもいいか
別にこれでも
ヘリコプターに乗って
花火上からみてみても
「まだきっと良さ 分からない」
カラスが? 嬉しそう に飛んでた

嗚呼 いつも花火のよう消えて
周りには何もないでも
陽炎のようにゆれてたい

嗚呼 いつも花火のよう消えて
周りには何もないでも
陽炎のようにゆれてたい