ファーストラヴ – Uru

絡まって 解けない
糸みたいに
時が経っていくほど
硬く脆くなっていく

ひび割れたままの記憶
片付けることもできずに
綺麗な服を纏って
全て忘れたふりをしていた

きっとこのまま誰も愛さない
誰にも愛されないと
胸の奥ヒリヒリ痛む度に
うずくまって そう呟いていた

幸せを願うことさえ怖くて
泣き方もわからずに怯えていた
肩を抱く誰かの温もりに
顔を上げると そこにあなたがいた
その腕の中聴こえてきた音は
とても優しく温かい音でした

一つずつ心が解けていく
あなたと出逢い
初めて愛を
知りました

拭っても 払えない
悪い夢みたいに
まだどこかにある陰に
きっとあなたは気づいていた

いびつに微笑んだ私の
瞳の奥を見つめて
何も言わずに強く抱きしめた
全てを包み込むように

幸せを願うことさえ怖くて
泣き方もわからずに怯えていた
「ここから先は一緒にいこう」と
繋いだ手を 握り直して
手を引いて歩くあなたの隣で
見えた景色はとても綺麗でした

一つずつ心を結んでいく
あなたと出逢い
初めて愛を
知りました