アイノコトバ – UNIONE

今年初めての涙は一日だけ雪より早くこぼれたみたい
駅の二人がけの椅子は広すぎて君の分が埋まらないよ

こんなにも君を想っていたのに言葉が
見つからなかった
側にいて欲しいこんな簡単なことが

もう少し涙が乾くのを待っていよう
明日には雪が全部白く
包み込んでくれるから

あの日帰り道歩道と路肩に乗って 身長合わせてキスした

驚いた君の顔はきっとずっと忘れないよ

だから君も
私のことは

あの時の笑顔で憶えていてね

いつだって君だけを見ていたのに言葉が 見つからなかった

側にいて欲しい
そんな簡単なことが

あとひとつ涙が落ちたら終わりにしよう
明日には雪が全部白く
包み込んでくれるから

包み込んでくれるから