夕立 — umbrella

通い慣れた道俯いて歩いた
僕はまた生き延びた
忘れたい群の声 逸れた僕はまた
聞こえないふりをした

掛け違った意味 見付からない言葉
僕はまだ探していた

なんか苦しいんだ
きっと壊れたんだ
何度も笑おうとしたけど
答えはない

それは夕立の様に流れて消えた
傘もささぬまま立ち尽くした帰り道

幼過ぎた日々 向かい合う事なく
僕はただ生き続けた
心は満たされない 身体は汚れてく
自我を傷付け続けた

映画の様な エンドロールが
僕にもあったなら
ラストシーンはどうか笑顔で
最後を迎える そっと 幕を下ろして

通り過ぎた風が背中をすり抜けた
見上げたその先に涙が溢れた

雨上がりの空は僕には青過ぎて
アスファルトが照らす懐かしい景色

遅過ぎた晴空 誰もいないこの道
遠くへとさよなら

ありがとう
また会う日まで