GとAとBとCとDとEとF# 階段を登るGとAとBとCとDとEとF# 階段を登るその先に 何を 生み出す?ねぇ どうだろう?どうだろう?君の想像 どうだろう?想像の向こうの行動 / 行動が向かう方向ねぇ どうだろう?どうだろう?君の口答 どうだろう?相当に 分かる衝動 / 衝動が 向かう行動1969 誰も知ることのない時代が今の僕たちにさ 何を語っている1969GとAとBとCとDとEとF# 階段を
T/O/K/Y/O meets you so burking timeWhat time you are alive?夜に溺れたいT/O/K/Y/O meets me so burking
I was boy, and You were girls...Walking about and Crossing lifeand we cant stop
消えない記憶と 消えてしまった記録はあの時の風景を そっと“NOW LOADING...”する置き去りの記憶 消し去った記録PASSWORDは 一体何だったけな?ACCESS記録 蘇る記憶「君の中の君」に挑め君というNetwork その先に広がるWorldここは「今」の連続だ君はどうだ?「今を生きろ。」空にShooting Star 掴み取れ その両手で超えろ「今」を全力で Yell!Can you
雨上がり 水溜り 揺れる スカート 黒い ショートヘアあの日の後悔 が 過去へ招待想い描いてた未来 とは 相対前方 いつか 後方それは 君が進んでいる証拠You can try二人で見上げた 淡い色の木 揺れる ロングヘアあの日のいつかを 生きている今日思い描いていた未来 とは 相対来年 また 来年約束の場所へ 飛び出す部屋You can flyさよならのあとに 咲く花 は 舞う心のかたち を し
I had stopped to think until that timeI had stopped to thinkI was some
Been wishn for your timeWe get party nightIts so call me oh, oh, oh,When
Keep safe life, count up day on day…Where going now? so Where going?search for
きっと自由な孤独よりきっと自由な生活より一歩 雲の向こうまでいっそ ここから Run Away,Run Away! Fly Away!僕らは今 Fly !頼りない羽でも So Fly!夜を踊り明かす僕ら High!笑いあって、たまに泣いて 、、、僕ら今に Fly!分からないだらけでも
僕・君は一人になって散々雨に打たれあ、あ、星も出ない TOKIOの空見上げた空に そう僕は云う「え?嘘だろ?」見失った君が闇の中でも 雨は降るよLet me Now!僕・君は一人になって散々雨に打たれ僕・君は想い出になってだんだん雨は雪へとsnow dance 夜を踊れLet me Now!僕・君は一人になって散々雨に打たれあ、あ、星も出ない TOKIOの空僕・君は想い出になってだんだん雨は雪へと
This is Song too many stack life, StarlightBut, I wonder, you search for starlight,
Keep on living in my music,You keep on living in my music,You keep on
You do not have image out.But, You never say die... Scene is right now!Keep
君がいなくなるまで 終わらない世界「もういいか、やめてしまおうか...」なんて君は言うけれどそうしたら 僕らの世界は ここで終わりを告げる居場所がない ゆくあてもないけど 君は息をしているここまで生きてきた自分を讃えてやろう君がいなくなるまで この RPGは続くa little life gage その時は この歌を唄う君がいなくなるまで この RPGは続くひとりじゃないさ どこにだって繋がってる
時 駆ける 僕らは いつも 「期待」「不安」背中合わせで吐く 言葉は 存在証明 僕の声が とどいていますか?僕は「ね」語る世界でさぁ 君は「は」っとなって気がついて「根」も「葉」もない言葉だって 忘れられたら 居なくなっちゃうよ居なくなっちゃうよ僕は「ね」語る世界でさぁ 君は「は」っとなって気がついて「根」も「葉」もない言葉だって 忘れられたら 居なくなっちゃうよ開いた手 見落して フラストレーシ
am2:35 人の波静まり 心 動き出す自問自答の夜 未来の波寄せる 心 騒ぎだすam4:22 スイッチをおろして リアルは「オフ」に見えない世界 ひらく 重なる世界で 君は語りだすなくなってしまいそうな やさしい君の声と背中合わせて 今 大人になれずにいた何度目の春 僕たちは 言えないことが増えすぎたありのままの僕ら どこまで飛べるのだろうなくなってしまいそうな やさしい君の声と背中合わせて ま
I cant down down down.Do you know rock rock rock?I will stand here, I
僕は揺れたい 君に触れたい誰か世界を 変えるのさ僕は触れたい 君と揺れたい誰が世界を 変えるのかだから Music in my life, I dont know I am.この世界から 3,2,1で TimeRP僕は見えない 過去に揺れたい誰が世界を 変えたのか音は見えない 過去も見えない誰が世界線 越えるのかだから Music in my life,
Every ONE.Every walking downer story.Every ONE.Every walking downer story.Every Walk down.Every walking downer story.Every
蒼白い空のグラデーション夕焼けの 背中 には 月が、歩けど 歩けど 空との距離は 変わらなくてこの坂の先にどんな景色が見えるのかなこのままどこまでも歩けそうな気がしたんだ風が僕をさらう鳥に目が泳ぐ空は色を変えるいつもの場所風が僕をさらう鳥に目が泳ぐ空は色を変えるsecretspace幾つもの景色 グラデーション僕の思考も 繰り返し変わる移ろい変われど 変わるなら 流されてみようかこの川もいつか大き
I search light, many time. Starlight, Satellite.だから I walk night. You just night. Standing
Always darkest before the dawnSailing Struggle in limited timeEven manytime start overRulerとCompassで何を描く?FocuasPOINT Up to
I close my door, dont look backImagine, not too manytimeI starting over, waved past
人はまるで天気のよう晴れやかに笑う日の裏側で 涙の雨がしんしんと 降る夜に放つ声 空に光る花僕は果てるまで 君に放つ光夜に放つ声 空に光る花僕は枯れるまで君に放つ流れる音/連なる時/時が落とす/思ひ出たち光は時をみせる/静かな色の中人は流れ、僕は止まれ、時は流れ、想い止まれ「あの夏に咲いた花の名前はなに?」夜に描く音 君にみせる花君が晴れるまで 僕は放つ想い枯れる儚さと 活きる美しさ君はみえるかな
3秒間見つめる 2つの瞳 僕ら1歩を踏み出せない衝動は逃走 情報は迷走 何が何やら今日はもう消灯3分間前の選択は2つ 僕は1歩を踏み出した時間軸 平行 選択は一方「これは無理です。」選択を変更Everythings is moving nowContinue born, Craft worldNext is your turn...「3分間前の君はどうだ...?」世界はさ 君が廻れば世界はさ 廻り
思い描いた世界に立って何か満足できるのかな「何か足りてない方がいいなぁ」僕は君に何が出来る?君の「何か」になれるように 僕はここで唄っているよ足りないよ 足りない夜 酸素も温度も水さえも足りないよ 足りない夜 君の体温が足りてない夜足りないよ 足りない夜 謎かけ 解きかけ足りてないよ 足りないよ 足りない夜 僕ら「何か」が足りてない夜(lost words...)足りないよ 足りない夜 酸素も温度
ありふれた日常で ありあまる色の数を僕はひとつ ひとつ と景色という 色を数えるToday, walk downCarry song for lifeIt is so tonightFeeling, Song for LifeIt is so
Dive for You, LET IT DIEStart new worldStart up, Wake up, Take it, Shake
I 暗い(cry) in my roomSo carry on, Standing nightI be course drawCarry to you, Standing
真理のない さぁこの世界で...「あ、久しぶり」「そんな前だっけ?」「覚えてる?」「覚えてないなぁ」つくづく思う人はさぁ 忘れていくんだ...日常は狂気質問です。いつかの君へ「お元気ですか?」時駆け目の前に立っていたんだきっとまだ消えてはいない風景の中 フラッシュバックするいつの間にか大人になって 僕らはこうして立っている忘れていたはずの声も「ハロー」「グッバイ」タイムマシンに乗っかって 風景はそ