駅への坂道を駆け上がった時に息が白くなって もう冬だと気付いた枝だけのイチョウは寂しそうに見えて落ち葉を踏まないように避(よ)けて走ったいつもの景色は今だけのもの空も知らぬ間に色を変え鳥たちはどこへ行く?昨日と違う新しい今日始まるおはようと言うたびに僕たちは生まれ変わるんだ一歩目を踏み出せる呪文太陽がまた昇れば何度でもやり直せるだろう悲しいことなんか過去のことだ君に会ったその瞬間 勇気が出た何か話