まぶしい陽射しの中で今年も咲いた向日葵恋した夏の面影この胸によみがえる いつでも読みかけのまま閉じてしまう物語ためらう気持ちばかりで今日までを生きて来た 何気なく過ぎて行く毎日に立ち止まる 少しだけの勇気遠くから眺めては ため息ついたときめきが目覚めるよ 胸いっぱいの 夏の向こうに素敵な自分がきっといるよ本気で誰か愛してみよう走り出す今を抱きしめて広がる空を駆け抜けてく柔らかな風の中 懐かしいあの歌声に涙