夜を閉じる – TWiN PARADOX

途切れる安蛍光灯を変えもせず 外を眺める
右手に過ぎた想い出 左に空いたグラス

あなたと遠く離れた街の方角 見つめ溜息
惰性に足を取られてる

さよならメトロポリス 終わりを告げる鐘がなり響く 立ち止まれない
素直になれる時はいつだってひとりね 苦手なタバコに無理をして火をつけた

あなたが好きだと言ってたから 明るいショートにしたね
慣れないところも含めて 嫌いじゃなかった

世界が二人だけのように感じれた淡い時間は
消えてゆくソーダみたいだった

さよなら切り出すなら あなたからだと思ってた 髪も慣れないまま
わがまま言えないまま気が付けばひとりね 溶けていく氷を
いつまでも眺めてた

夜の静寂(しじま) 注いだ寂しさ 飲み干すから 零れだす涙
今さらになって悲しませないで もう戻らない二人に別れをつげて

さよならまた何処かで すれ違う事があってもあなた気付かないわ
眠る街は静かで 余計にひとりね 苦手な煙草もこれでもう終わりね

さよならメトロポリス 眠れない夜を閉じるわ 果てた恋を連れて
振り返る部屋の中 これからはひとりね 昔の話と言い聞かせ目を閉じる