Route 567 – TUBE

Route 567
憶えているだろう
海沿いのあの道を
馴染みのカフェやライブハウスも
今はドア閉ざしてる

明日からもこの道を
どこまでも走るしか無いから
逆風に顔向けて
共に行くと決めた
あの頃の夏を目指して

Route 567
おんぼろワゴンに乗って
あてもなく走ってた
こんなにも急に景色が変わると
思いもしなかった

あきらめずこの道を
未来へと進むしかないんだ
新しい太陽が
地平線を染める
もう一度 幕を上げよう

ありったけの想い込めて
声の限り歌おう

長いこと忘れてた
熱いもの この頬を伝う
与えたい 守りたい
君の中の空に
あの夏の光が戻るまで

振り向かずに走れ
もう一度 よみがえる 夏