MUSIC – TRUE

あの日
世界に落とした
声のない涙ひとつ
奏になるよ
La La La
La La La La La La

どれくらい
上手な言葉ならば
耳を塞ぐ君に届くかな
何も出来ない
何も言えない
涙さえ拭えない
伝えるってどうして
難しいんだろう

もがいて
あがいて
吸い込んだ息
身体を爪弾く鼓動
喉の向こう
出口探してる
吐き出してもっと

感情が音になる
言葉を愛して
誰より言葉を憎んで
駆けめぐって歌になる
張り詰めたままの心が叫ぶ
たぶん私は
何度でもここに立つ

どれくらい
綺麗な言葉ならば
口をつぐむ君が笑うかな
分かり合える
分かち合える
足りない文字を探す
怖いのにどうして
知りたいんだろう

かさなり
つながり
きざむ秒針
呼吸があわさるたび
波の向こう
ふくらむ世界
高鳴ってもっと

共鳴が熱になる
言葉を求めて
誰より言葉を壊して
書き残した明日になる
無力なこの手を信じてくれた
だから私は
何度でも君を待つ

わけなく愛しい
わけなく悲しい
わけもなくもう一度
もう一度って響いてる

心はどこですか
痛みはどこですか
本当の声を聞かせてよ
吐き出してもっと

感情が音になる
触れあえば音になる
確かめてこの声で

あの日の涙を
続いてく奏に乗せて
駆けめぐって歌になる
張り詰めたままの心が叫ぶ
たぶん私は
何度でもここに立つ
君を待つ

コメントを残す