memento – TRUE

もう 耐えられないや
語るたびに 褪せていくんだよ
ただの文字になる
不思議なほどに 透明なんだ
主語も述語も 意味を持たずに 溶けてく

まぶたの裏側 星が泣いた
ひとり 夜を未読する

願いは 願いで いられなくて
日常が 想像が 君をなぞる
歪んだ 世界の 片隅で
句読点のない 想いだけが
ただ 溢れてるんだ

もう やりきれないや
幽霊みたいに 宙に浮かんでく
視界も不良のよう
ならばこのまま 記憶になって
百年先も 漂うように なればいい

満ちては欠けてく 時の隙間
ひとり 行間に眠る

孤独じゃ 孤独は 拭えなくて
吸い込んで 吐き出して 君を探す
口癖みたいに 繰り返し
音が 歌に 変わるように (Ah)

愛は 擦り減るんだ
言葉も きっとそうで
穴が空くみたいに 深く深く (Ah)
Dye with you. Dye with you.
もしも それを 永遠と呼ぶのなら

願いは 願いで いられなくて
日常が 想像が 君をなぞる
歪んだ 世界の 片隅で
句読点のない 想いだけが
溢れてしまうよ (Yeah)
ほろ苦い でも甘い (Ah yeah)
音になる 声になる (yeah)
あーあ 会いたくなるや

コメントを残す