叙情詩とロマンス – TRUE

吐く息が溶ける
“monologue”
物憂げなのは
叙情な戯曲
醜悪に酔いましょう

結露した窓は風景画
熟れたイルミネーション
滲むのは「ダァレ?」

人はみんな星よ
燃えて消える星よ

爪弾く
Veludo のフレーズ
滑る指あまい Cherry
淑女は悪女へと
目覚めは不意に訪れるわ

張り付いた
名を剥がすように
杞憂してる
孤独の事由
捨ててしまいましょう

感嘆とゼンマイの調べ
円環のステージ
踊りだす

狂う調律は
言葉より雄弁

はりぼての月
揺れる絹糸
喪失も渇望も
幕が降りるまで

爪弾く
Veludo のフレーズ
滑る指あまい Cherry
淑女は悪女へと
正しくなんてなれない者

吐く息が溶ける
“monologue”
熟れたイルミネーション
滲むのは「ダァレ?」
窓に映る、あなた。

コメントを残す