分身 – TRUE

例えば それは僕
ならこれは僕じゃない
例えば それが君
ならまるで君じゃない

量産型の 心体
右に 同じFaceして
その目に映るのは 分身

道端の石だって
個性があるらしい
笑いたくもないのに
なぜ 僕らは笑う

下層へ下層へ 流れるだけ
水の抜けた プールみたく
許容すらもやめた
真っ暗闇だな 世界

息を止めても 溺れない
あれ僕は 何者なんだっけか

足りない?
―何もわかんない
要らない?
―何も欲しくない
だけど 悲しい
意味もないぐらいに
泣けちゃうんだよ
知らない 知られない
普通はもう 普通をやめた
僕の終わりだ
僕が 僕をみて言った
End it all

「例えば ベトベトに
汚れたこの手に
救いを 差し伸べる
その人は悪ですか」

経験ゼロの美談
突きつけて糾弾
苦楽に 困難に
華を添えてみせる
君みたく
世間に飼われてみたいや

消えたい?
―全てなくなれ
出来ない?
―何も怖くない
逃げは恥じゃない
無様なくらいに
透明なだけ
見えない 見られない
意味のない 言葉に飲まれんな
僕のはじまり
僕は 僕をやめるんだ

プールの底から 眺めてる
あれここは 底辺なんだっけか

僕は?
―僕だ
何もわかんない
正しいひと
正しいうた
なんて 悲しい
意味もないぐらいに
泣けちゃうんだよ
知らない 知られない
普通はもう 普通をやめた
僕にさよなら
僕だけが 僕をあいせる

やめたい?
―やめれないんだ
End it all…
地を這い
生きてたいんだ
End it all…

壊したい?
―壊れたいんだ
End it all…
歌いたい
生きてたいんだ

コメントを残す