Evergreen — TRIPLANE

街の空気を捕まえに行こう
少し風変わりな自分を求めて彷徨う

浮かんではまた消えていった感情
僕を切り取って飛ばすんだ 無係数の放物線を

見えないものを信じて 止まれない自分でありたい
充たされない夕暮れの街 意味が溢れて胸焼けが襲ってくる

逃げも隠れもしないさ 紛れもないさ 僕でしかない
今を瞬いて 過去を紐解いて 無知を遊んでたあの日のように

眠たい池の水に写った
忘れ去られた日の影が 歪んで笑ってた

目に留まらず流れていった景色
その片鱗に耳を澄まして 拾い上げた不朽の声を

何もいらない コトバなんて 五月雨に乾いていった心に
割れんばかりの旋律を 報われぬ魂のカンタービレ

高層ビルをまたいで 皮肉を抱いて 斬り捨てしまった僕を
現状へと連れ出して 未知を楽しんでたあの日のように

見えないものを信じて 止まれない自分でありたい
充たされない夕暮れの街 意味が溢れて胸焼けが襲ってくる

逃げも隠れもしないさ 紛れもないさ 僕でしかない
今を瞬いて 過去を紐解いて 無知を遊んでたあの日のように