冬休み — TRIPLANE

長靴の中の感覚も無いのに まだ遊んで
日は暮れても また明日だって
同じ無限の自由が広がるのに
べた雪の丹前にくるまって
仰いだ空が あまりに広くて
吸い込まれそうで
怖くて べそかいたのはいつの日か

あっと言う間にこんな風に
僕らは大人になっていたよ
「イヤだイヤだ」と駄々をこねて
戻りたいと眠るだけさ

屋根にぶら下がる
氷の剣を取り合って
無我夢中で闘って
折れたら 舐めて かじって不味くて ただ笑って

ふとした時そんな風に
僕らは子供に帰って行くよ
カラカラと音を立てながら
巻き戻しをするみたいさ

あっと言う間に こんな風に
僕らは大人になっていたよ
「イヤだイヤだ」と駄々をこねて
戻りたいと眠るだけさ
ほんの少しの一休みさ