これがたとえ本当の気持ちだとしても言っちゃいけないバラしちゃいけないバレちゃいけないこれが本当の気持ちだとしてもマイナスはマイナスのまんまマイナスはマイナスのまんまそれはプラスには変わらないマイナスのまんまそれがたとえ本当の気持ちだとしても言っちゃいけないバラしちゃいけないバレちゃいけないたとえ自分にとって正義だとしてもマイナスはマイナスのまんまマイナスはマイナスのまんまそれはプラスには変わらない
なんだか少し熱っぽいかなってうっかりそれに手をのばしちゃダメだよそれはクスリじゃないよただの棒だよいらないよ、もうあー、やっぱり熱だ、って知った途端ひょっとしてインフル?って、思った途端カチッとスイッチオンでそこからは自己催眠でいよいよグイグイ余計に上がる体温計、ほっておけ大人には必要ないんだするコトはする行く時は行く本当のコトだってたいていは必要ないんだ寝てらんないサボってらんないほっておけ体温
ちょっと飲み過ぎてる、、って自覚しつつ明日のコト、若干心配しつつまだ飲んじゃうよなだってスゴすぎるあの月、あの月、、、
そうやってズーッとあかない踏切の前で通り過ぎるのを待ってるんだなとうぶん変わんないよずっとこのまんまかもよ最後尾は地平線の向こう春が来ても夏が来てもそのまんまずっと踏切のカンカンカン聴いてるんだな秋が来ても冬が来てもかたまって踏切のカンカンカンと一緒に凍えてるんだなここは開かずの踏切だよ
まーた生まれ変わっちゃったよー(以下、歌詞省略)
死ぬのは1回死ぬのは1回たったの1回誰にでも1回死ぬのは1回誰でも1回誰にでも1回死んじゃうのは1回死ぬのは1回たったの1回死ぬのは1回そこだけの1回死ぬのは1回死ぬのは1回たったの1回それまでは死なない!不死身、不死身、、、不死身ーーっ!誰でも1回イヌでも1回ネコでも1回ワンワン♪ニャアニャア♪2回も3回も4回も5回もない誰にでも1回それまでは死なないヤツにも1回オレにも1回善人にも1回悪人にも1
顔に出すな声にするなコトバにするな顔に出すな声にするな外に出すなほっとけばスグ消えた気のせいで通り過ぎたはずだったのにきっちりフタをしてこっちだけに閉じ込めておけばいまごろ無くなってたのにバカだよ顔に出すな声にするな外に出すな顔に出すな声にするな相談なんてもっての他あっちのは気まぐれでこっちのは気のせいなのにワザワザくっきりさせちゃったんだ言わなきゃバレない出さなきゃ知られない、、言わなくていいコ
変わった君が変わった同じさ僕は同じさ変わったのは君の中の僕だけ君のカンチガイの海を僕は泳いでいただけ君のカンチガイの空に浮かんでただけ君が思ってたような君が望んでたような僕は最初からいなかったまるで神様みたいだねまるで神様みたいだよ勝手に世界つくってお好みのヒト住ませてた自分勝手な神様いったい君は何を見てたんだろうどうしてあんなに楽しがってたんだろう笑ってた、、、笑ってたのに君が思ってたような君が
僕らは不死身だ不死身だそうゆうしくみだ生きてるあいだは不死身だ一度も死なないんだいろいろあってもなんにもなくても最後の日まで笑ってる約束今度も普通ワリと意外と平気さ口笛吹いたら戻るよ、結局不死身なんだ夕焼けを見た朝焼けを見た次の日が来たよ次をする約束夕焼けと見た錯覚を朝焼けと見た幻想を最後の日までつないでく約束僕らは不死身だ不死身だ不死身だって約束 ,,, YEAH!
楽しいコトあといくつあるの?悲しいコトあといくつあるの?楽しいコト悲しいコトどっちが多いの?どうなの?楽しいコトあといくつ降らすの?それ以外をあといくつ降らすの?楽しいコトまだ残ってるの?それはもうすぐなの?ずっと先なの?Hey 天使っ!天使だよね?キミ、、未来に進むだけの何かがひとつでもあるなら急いでそのコトを彼らにおしえてあげなきゃだよ冬になる前に真冬になる前にもったいぶらずに
べつにひとつも心配はしてないけどさ一応、万が一の時のため今からミーティング入念に丁寧に悲しい話なんかじゃないよ楽しい準備また次の星でもわかるように待ち合わせのルール決めとこうめんどくさがりの僕らが探しまわらなくてもいいように服の色、靴の色、ズボンの色、シャツの色、帽子の色、くちぶえの音色決めとこうぜ話しとこうぜいまのうちに作戦会議!また次の星でも会えるように待ち合わせの場所も決めとこうだいたい行き
そのうち終わる通りすぎるそしたら次の景色に変わるああでも、この列車ホントに変だいつもと違う長すぎるずーっとあかない踏切なのかもよ永遠にあかない踏切なのかもああ、、これは過渡期ただの過渡期呪文のように繰り返しつつながめてるながめてる次の景色夢見るのも忘れてくこれがこれで普通になるのかもま、いいか、と感じるようになるのかも
友達いなそー友達いなそー友達いなそーYEAH! YEAH!毎回ドキドキ想定以上にイビツで不気味で愛くるしい近寄りがたくて触っちゃいけないピュアさで人間離れ神様かも知れない友達いなそー友達いなそーそうゆうトコがたまらないグッとくるピピピってくる友達いなそー絶対少なそーホントはどうだか知らないよ人気者だったらちょっとガッカリ風吹いてなくても風切って進む孤独もモヤモヤも関係なさそーでも仙人みたいじゃない
圧倒的にすごい何かがあのひとの目には入ってるなあきっと昔すごい何かをたくさん見てたんだね
これが終わったら次、何しようとかいつもいつもここが終わったら次、どこ行こうとかいつもいつもな~に~何をしようこれが終わったら次、何をしようど~こ~どこに行こうココが終わったら次、どこに行こうだ~れ~誰と会おう君と終わったら次、誰と会おうそ、いつもこんな感じ昔からずっとこんな感じこれが終わったら次、何しようとかいつもいつもここが終わったら次、どこ行こうとかいつもいつもつまり不在いつも不在どこにもいな
ニャニャニャニャニャニャニャ 、、、つまんね!変わんないのか続いちゃうのかニャニャニャニャニャニャニャ 、、これがただの過渡期ならいいけどな最終型とかだったらやだなそのうち終わる通りすぎる消えてなくなるハズ希望的観測を念力にかえて唱えるニャニャニャニャニャニャニャ 、、これがただの過渡期ならいいけどさずーっとこんな感じだったら倒れちゃうなあただの過渡期だろ?終わるんだろ?最終型とかだったらあ~あ
外は氷点下でもフトンにくるまればスグに36度5分つまり真夏時々ほーら、36度5分真夏!真夏!真夏!真夏!まーなつー!
あー、自分にしてはかなりキセキこんなに長いまぼろしココでいいよじゅうぶんすぎる奇跡もったいないくらいの景色、でも!このままでいたいならこのままじゃダメなんだまわりが変わるからまわりが変わるからこのままでいいのにさこのままじゃダメなんだろまわりが勝手に変わるからあ~やめろ行くな、行くな進むな先を、続きを見せるなここでいいよじゅうぶん過ぎる奇跡、キセキ、なのに 、、、このままでいたいならこのままじゃダ
まわりの知り合いが頑張りすぎるからあまりにもいつまでも頑張りすぎるからこっちの頑張りが目立たないまるでサボってるみたいな気がしてくるそしてハードルがまた上がってくよ面倒だ迷惑だまわりは頑張り屋さんでいっぱいこっちの頑張りは目立たない世界はまるで不死身みたいだ生きてるだけじゃ足りないみたいだ面倒だ迷惑だ
12時間前もここここでタバコ吸ってたんだ12時間たってまたここでタバコ吸ってるんだどんな一日だったかなんて振り返らないのが武士のルールどんな一日だったっけ?ああもお、ギンギン振り返ってるくそっ!ムダな日なんて一日も無いと振り絞って玄関を出たああ、あれはなんて切ない記憶なくてもよかった日最低でも最高でもない可もなく不可もなくそんな一日でした、まる、、?バツバツ!ああもお、、ヒュっ!12時間前もこここ
キミにもたぶんいいトコがいくつかあるんだろそれはキミのまわりのメンツを見ればわかる僕には見せたコトがない特別があるんだろそれはキミのまわりのメンツにはあたり前なんだろまるで月の裏側みたいだ一度も一瞬もカケラもひとつも見ーえーなーいキミにもたぶんいいトコがいくつかあるんだろそれはキミのまわりのメンツを見ればわかるキミのまわりのメンツを見ればわかる
まだ全然途中っぽいけどちゃっかり次を始めちゃおうだって待ってらんない待ってらんない終わるのを待ってらんないまだ全然途中っぽいけどこっそり次を始めちゃおう待ってらんない待ってらんない終わりまで待ってらんないわかってるよ全然途中なんだけどさっさと次に進んじゃおうだって待ってらんない待ってらんない終わるのを待ってらんない待ってらんない 、、、終わるのを待ってらんない終わりまで待ってらんない
荷物多すぎ!もともとここには何も無かったてゆうかいまでも何も無いんだ幻をちょっと作りすぎたんだ集め過ぎたんだ喜怒哀楽も全部作ったものてゆうかホントに何も無いんだ勝手に浮かれて勝手に落ち込んであとから輪郭をつけただけなんだいつでも引っ越し出来るように荷物を減らそういつでも引っ越し出来るようにさこころを減らそ気持ちを消そうこれは無いものなんだお引っ越しのトラックはキャンセルその前に空っぽにしとくから手
僕の大好きなあのヒトがちゃんと幸せだったらいいな僕の大好きなあのヒトがちゃんと裕福だったらいいなそうゆうしくみをそうゆう流れを希望の星!僕の大好きなあのヒトには幸せでいてもらわないと僕の大好きなあのヒトにはいちばん裕福でいてもらわないとそうゆう世界をそうゆう運命をあのヒトがたどってるんならいいな希望の星!希望の星!希望の星!
何にもしてないくせに無敵になってた何にもしてないくせに無敵になってたできないコトは無くなったできないまんまだったけどできないコトは無くなった通り過ぎたできないコトは無くなったスキップボタンを押したんだできないコトはきっと今頃それを出来る誰かがしてるんだ遠くのほうで声がする間違っていなかったと新聞配達のバイクが夜の終わりを運んでる何にもしてないくせに無敵になってた何にもしてないくせに無敵になってた僕
いちいち招くないちいち入れるないちいちここで感じるな何が聴こえても何か気づいても何かわかっても見落とせ見過ごせ聴こえても聴きのがせ幻想で妄想でこの部屋を満たせ我に返るスキマを埋めろ我に返るスキマを埋めろ我に返るスキマを埋めろもう帰らないように窓ガラスには幻想のシールを壁一面に錯覚のポスターをドアの前に積み上げろ妄想をこの部屋で春を待つかじかんだ指で集めた夢を凍えたカラダでつくった景色を幻想を錯覚を
こんな感じでこんなしくみで遊び仲間は減ってくんだろうかなんだかなんだかなんだかねスピードが行き先が少しずつズレて離れていくのを僕らは気づいてたムカシみたいには遊べないムカシのようには遊べない夏が終わったね秋も終わるんだろういろんなコトがあるはずの冬も別々の場所で終わるんだろう僕は僕で今夜どんな夜にしようか考えてる君も君で君の夜をどこかで作るんだろう昔みたいには遊べない昔のようには遊べないスピードが
記憶力が果てないそれはなんて不幸だいつも今といつかをくらべてるカコのドレイだ生きた化石だカコのドレイだ生きた化石だ昔ながめてた未来と現在をいつか吸い込んだ空気と今日のをくらべてるくらべてるカコのドレイだ生きた化石だカコのドレイだ生きた化石だくらべてる、、、ここよりスゴイ場所を知ってるこれよりスゴイ気持ちを知ってるこれよりスゴイ夜を知ってる今日よりスゴイ景色、覚えてるカコのドレイだ生きた化石だカコの
目が覚めてスグにわかる今日の自分がどんなかあせるなあわてるな時間をケチったら未来が壊れるんだ今日は、ねる日上機嫌を待つ日直感したビビっときた間違いない今日はねる日あせるなあわてるな時間をケチったら未来が壊れるんだ天井が優しく笑う中途半端に動くなとこんな日にひねりだした弱気な筋書きをたどってゆく危険は避けるんだ未来を守るんだそしてねる日、ねる日、ねる日今日よりもマシな日に動くああだこうだ、ねる日
夜が生まれる場所を目指した彼は今頃東のどこかでいちばん最初の月を探す早めに部屋飛び出した天気は微妙でも予定は満月立ち会うんだ見届けるんだものスゴイのが顔出すんだ昇ったばかりの赤い月をみてる全身で全身で全身でみてる誰かに見せたくて携帯で撮っては削除繰り返してるこんなんじゃないこんなんじゃないこんなんじゃないすっかりもう酔ってきたクロネコが寄ってきたつま先だけが白いネコ名前は S O X勝手につけたわ