スタンダード流れる 闇に 灯すヘッドライト 小雨を映す曲がる湾岸 ハンドルきらず いっそ 飛び込もうよ!なーんて 冗談ばかりを いつも そうさ 安心したのさ いつもふかすアクセル 何処へ向かうか 一人きり遅すぎた 後悔が 今 波のように 押し寄せてくる馬鹿らしい この涙 アナタを想い出す幼い その笑顔 無情の海に 激しい 雨音に すべてを 忘れさせ帰らぬ 世界へと 無情の海に潮風に そっと乱された