立ち止まる度に見上げる空に描いたステージ届けたい人届けたいことこの気持ち確かめたらね深呼吸何を夢見ようかなんてこれから探すことでしょそんな風には 未来見たくない!「最初」の想いに約束してるのいろんな音で足音揺らいでもわたしがわたしでいることが大切なんだ君の傍に輝く星足りなかったら夜空を掬って届けよう僕らの手に余るくらいの希望胸に抱き寄せて何度だってどこにだって君に会いに行くから夢見たところに向かっ