「Coreopsis」feat. やなぎなぎ – toku

長雨終わりの雫が跳ねて
葉先を揺らした 夏のはじまり
見上げた光に鼓動も跳ねて
何か起こるような予感がしてた

時々振り向きながら歩くと
ぬかるみにつけた足跡点々
自分を知らせるスタンプみたい
ここだよって 君に見えているかな

見つけて欲しくて
でたらめにはしゃいで
目印増やすけれど
本当に見つかってしまったら
きっと息すら出来なくなる

噛み殺した言葉 君には届かないよ
僕の気持ち全部束ねてあげたいのに
ああどうしても言えないや
壊すくらいならこのままで
いつだってひとひらの距離をこえられない僕ら

なんどもなんども
喉の先まで音を運ぶけど
溜息になる
明日は
明日は
迷う数だけ
夕陽が落ちてく

無限に思えた時間は磨り減って
とっくに0になってた
たったのひとひら 透けて見えるくらい
近くにいられたのに

淡く蒔いた種が 花を咲かせたときは
君は強い風に攫われて遠い国
もうどうしても戻せない夏だけが ここで揺れてる
ぬかるみの足跡は次の季節にのこらない

僕はまだ夏のなか
足跡を消せなくて