叶えたい想像は両手に抱えられないほどだ多少の険しさあったほうがスパイシーでいい他人と違った道を進んでみれば楽しいな自分の頭を使って乗り越えて行けばいい わからない人たちのことはわからない荒れ狂う波風からも何かを授かる 魂燃やしてこう さあ理想に近づきたいや神様から贈られる MUSIK恐れることなんてないちょっとした障害や未来だなんて怖くない君は君の未来をつかむのだ君は君の未来をつかむのだ 失敗は恐れない
暗闇と光を 彷徨っている心は寒さに凍え切って 固く閉ざされていた扉を締めて かたくかたく鍵をかけるのだ暗闇と光を 行き来する旅人よ磨かれてゆくたびに また強くなってゆく宝石全ての経験を力に 遠い山の頂を目指していても一歩ずつでしか前に進めはしないだろうきっと誰もがそうだ踏みしめていったあとが道になる 暗闇と光を 彷徨っている心は寒さに凍え切って 固く閉ざされていた扉を締めて かたくかたく鍵をかけるのだ