月の夜が 眩しすぎた窓辺 光の線まるでそれは ホウキボシが 通り過ぎるように僕たちは眠るまえに見失った地図を探す両手にさえ溢れる想いはCan you pray?Stay by my side?光と影のその隙間には 無数の星がキラめいているそしてあなたとここで会えたら それは一つの奇跡と呼べる「偶然」に動き出した全てを「運命」と呼べる日まで…もしも夜がいつもよりも長く感じたならそれはきっとこの世界で
僕はただ 立ち止まるだけの 臆病な存在で目を閉じて いくつもの嘘に 背を向けてるのかな?深い痛みとか グレイの空とか振り返りもしないよ大きな声とか この叫びさえ通り過ぎて(another mind)閉ざしてしまうのwelcome to the freedom on earth世界中のニュースが いくつもの闇を嘆くけどそれでも儚く 強く生きて行けるの 夢だけで笑顔を取り戻せるそんな星で 僕はと言えば
真っ直ぐな瞳をその先に向け 旅立ちのボルテージを上げて数々の理屈並べて 自分に言い訳 天才だ時々これじゃダメって 道しるべを探して自分を好きになれる 自分になりたい だけど...すれ違ってゆくこの感じ 取り残されたような笑顔と涙の数 どっちかって言うと後者?レールの上に並ぶ 幼い景色が遠い目のまま 夢を語りだし 時空を越えてよみがえりしfree and dream!!!!!!真っ直ぐな羽 飛び立て
Dream in a Dream in a Dream in a Dream in a words…Rainy and
A lot of light to be reflected in my eyes.I am the most dazzling,
Happy happy my darling yeah yeah!Honey honey my darling yeah yeah!さっきまで一緒でも LaLaすぐにメールしたりしてハートマーク多すぎる LaLa 読みづらいかな?明日、あさって 会えないだけで 気分とか もはや急降下!?そんな悩みも 瞬間で解消 ラブリーメール!ドキドキ・ワクワクcome
Go→tiara!×4それはヒカリ輝いてる真っ白なボディぞなあえて東京~大阪間で言うなればおよそ8分!目指せ7分!世界イチですの(閉まるトビラにご注意下さ~い)これはリニアモーターカーでもきっとビックリ(びっくりんこっこー)ヽ(lll´▽`lll)ノ人はみんなどなたも 完璧じゃないぞよ輝く明日へ旅しませう! Go→tiara!×4Calling you tonight 準備よろしくて?もう誰にも止
いくつかの大事な忘れ物をしたのさっきまで居た ひだまり 夢の中にいつもそう こうして思い出せないまま戸惑いながら カケラを集める夜が来て 光りを求めて騒ぐキズを射止めて 涙が光る今日はまだ帰れない 夢のその続きへI fall there幻想の空 風と雨 降り続いてもずっとずっとね ここで待ち続けた約束もない この星で 誰かに出会いもしも もしもね 永遠 誓えたならGood-bye the dream
この大空の 広い世界の どこかでまた 笑い 泣いたそして人は それぞれの想い 一つ一つ 紡ぎだすよ遠ざかる友よ また出会おう だから別れよう永遠に続く 誰かとの約束君影(きみかげ) おぼろ月夜 捧げし日 厭(いと)わず万世(まんせ)や 八又(やまた)の獅子 天武(てんぶ)舞い 煌く太古の 詩よ友よ 伽羅(きゃら)に 臨む花されども 風は涼し 君の髪 揺らすよ白きかぎろい シロキカギロヒ白きかぎろい
このまま星を見させて 水平線に降り注いで消え行くまでいつしか朝が来たなら 瞳の先にその笑顔を見つけたいな冷たい指を 不器用に繋いだ瞬間こんなに近く こんなにも遠いと気付いた無くしかけてた 空の青さを 教えてくれた キミが必要さそれなのに何故? そよ風の詩 Can you feel crying alone?今は遠くてこのまま星を見させて 水平線に降り注いで消え行くまでいつしか朝が来たなら 瞳の先に
同じこの空の下 キミが居るねと思う、ただそれだけで 笑顔になれたよ小さいそんな力も 最近なんだか少し色あせたかな 雨の日から…やさしい歌も どんな景色も想い出さえ good night二人で見た 夢ならホラ今でもココにあるよ笑顔の日も 涙の日も全てが輝いてるから別れを告げるよ できれば笑顔で「ありがとう」の言葉と「さよなら」弱い場所とか全部 知っているから余計に心配したり ケンカになったり小さいそ
風が吹けば 風に吹かれ その先に向けばいい雨が降れば 雨を聴いて 流れて行けばいいどんなに素直に 笑っても ぎこちないなら目を閉じる 例えばそれでいいlooking for the loneliness海と話をしに行こう そして未来へと詠うかけがえのない....だからWe come back to the blue sea.そこから全てが 始まり いくつもの道を選ぶBecause it feels
放課後のある教室で 生まれた新しい想い伝説の 言いつたえに 恋を占うロマンスの丘の上で 待ち合わせとかどうかな一人の密かな夢が 二人に変わった次の約束がない夜は こうして星空へとding dong ding dong for youドキドキよ止まるな この予感 ごめんあそばせ恋人はキミ そばに居たい抱きしめたいメモリーズ 二人きり 夢の続きが両手にあふれ 輝いてる平凡で(私だけの)不器用な(あなた
「ひとりぼっちじゃないから 泣かないで」 幼い記憶にある lonely wordなぜか時々 不意をつくように 心に迷い込んだ lonely wind薄暗い空 冷たくゆれる月 A Usual face usual kindnessだけどこの『夜』が明けたら 二つの光が重なって今すぐ この大空へ 翼広げ 光が示す場所へ...だ・か・ら君とならきっと どこまでも 果てしなき道を 歩いて行ける遠すぎて 儚