どんな 悲しいことさえいつか 乗り越えてるから こんな 綺麗な空にも暗い色は 溶けてるけど 一人じゃない強さ 今泣きたいほど 感じてるもうあの頃の自分には戻らないと 決めたの今 あなたを 愛してるただ抱きしめて ただ愛したら世界は怖くない失うことも 叶わない夢さえもそれは小さなことだから あなたへと 贈りたいもの歌うように 伝わる言葉がいいずっと 変わらない気持ちであなたを守る 約束 違う 未来が 眩しいあ
Jesus, you’re the center of my joyAll that’s good and perfect comes from youYou’re
I got to show my love and dedication no one can take itAin’t nobody
君は愛されるため生まれた君の生涯は愛で満ちている君は愛されるため生まれた君の生涯は愛で満ちている 永遠の神の愛はわれらの出会いの中で実を結ぶ君の存在が 私にはどれほど大きな喜びでしょう 君は愛されるため生まれた今もその愛受けている君は愛されるため生まれた今もその愛受けている
Dance Everybody ×3You got a miracle.Clap Everybody ×3You got a miracle.Shout Everybody ×3You got
Joyful in life being joyful in lifeStop being afraid of what could go wrong,
Ride on King Jesus,No man can a-hinder me.Ride on King JesusRide on no man
As I stroll in the parkAll alone in the darkI recall to myselfAll the
It could have been another wayI could have been not here todayI could have
Hey!! Funk it up!!Hey!! Funk it up!!乱気流に紛れた恋は、そうね、そうだった、こんな感じやめてくれないか?これ以上好きにさせないで仕事もなにも手につかないくらい苦しすぎて 良い案配でそっと甘い吐息を吹きかけ続けるねぇ愛してみようか?頭で考えるよりも Hey, Funk it up!! Uh UhHey, Funk it
あなたの笑顔があるだけでよかった今は見つからない面影Guess I wasn’t there beside youだけど, you should know that you wereAlways on my
キミとの時間(とき)を繰り返し恋する気持ちは愛しい愛へといつしか変わって自分のことばかりじゃない二人の幸せのことを心から願えるようになれたの 星の数ほどの出会いの中で運命のキミが輝いたよ 100年に一度 芽生えた愛の花に誓いのキスしてこれからずっと共に育ててこうね愛しています永遠にやっと言える言葉の重みを小さな手にぎゅっと離さないよ天使みたいなその笑顔とあたたかいキャンドルに灯火を絶やさないでいてね 子
うまく気持ち言葉にできないいつも笑顔で隠していたさみしさだって 強がりだってわかってしまうのねなんにも言わずに抱きしめてくれる 背中にくっついた胸から伝わる速い鼓動私もおんなじなんだかちょっと照れ笑い その大きな手で この小さな手をつつみこんでずっとずっと繋がっていたいまだ小さな恋だけどいつか永遠ってくらい 大きな愛となれるようにぎゅっと にぎりしめた やりたいこと行きたいところ並べて「いつか一緒に行こ
「ずっとずと手を離さない」と言ってただこの言葉だけが欲しいの「きっといつか」なんて言葉いらない不確かな未来 不安になるだけ 約束しなくても となりにいつもの笑顔そんな当たり前のこと ずっと続くと思ってた いつか話してくれた 夢の道 歩くんだね「応援してる」って震える唇 うまく笑えていたかな? 近くて遠い 背中追えば 一人ぼっち… 「ずっとずっと手を離さない」と言って今はその言葉で埋め尽くして時間が何かを変
思ってもなかったあなたと出逢えるなんて真っ白に 輝く雪 並んで見ている気がつけば去年はひとり見上げてた空こんなにも 広く優しく包まれるなんて 凍えた指先包む その掌ひだまりのようにあったかくて 泣きたくなる ずっとそばに そばにいたいあなただけ みつめているつないだ手に願うのまた同じ明日が来ますように あなたに似合う色 二人で見たい映画気づけば また探してる人混みにひとり この胸 そっと浮かべる優しいその
輝く君の瞳に誓った小さな窓から 青空が見えた午後逃げることなんて もうしたくはないよ背中にあたたかい 手のひらを感じてる 傷つくよりもつらいのは明日をあきらめて自分に嘘つき続けること 大事な夢をひとつココロにいつでも信じて守って 乗り越えて行こう大事な夢があるからもっと強くなれる思い描いた未来を抱きしめてこれからも 少しだけ前を歩く肩ごしおんなじ歩幅で 白い雲追いかけてた選んだ道が正しいかなんて誰にも分
アップダウンは世の常クズ引いたって動じない肝心なの Strong な Mind出し抜いて Survive行きつく先は Heaven or hellこの世界のルールたった一つ 勝者こそが正義 女は度胸焦れさせるのアイツをやれること なんだってやるあたしは賭け狂いのクイーン お見通しそれ You doubt me読み切って レッツ Showdown Deal with the
教えてよ Future の私憧れのクラヴィーアTeacher が好きだから UFO が飛来してウインクメルヘンなシチュエーションタイヤないの素敵ドライバータキシードがキマッテル スリスリ スリルがうるりられろ言ってみ?セイ られろフリフリ フリルがひらりるれらはいブー君罰ゲーム アイウォンチューアイニーデューケンドリック 連れてってメイシェンムァブークァチーガンダーラ 手をとってほしい Future のあなた憧れの
やがて巡り巡る季節に僕らは息をする思い出になるその時までずっと忘れないで 一人ぼっち膝を抱えて見上げたんだ あの日思ってたより晴れた空とあなたがそこにいた 見えてるもの全て 胸に焼き付けたんだいつか来るさよならの時のためだけど今は気づかぬふりをして僕は笑う あなたと今 悲しみ 喜び 心臓の鼓動伝って動かすんだ 僕という命想いや感情 掛け値なしの愛をあなたがくれたから進むよ 見ててくれる? 真夜中の雨が降り
Maybe blue でも Don’t give upあなたの一番になりたい 本当に好きだったのに君のこと 愛してる私のどこが不満だっていうのかしらちょっと言ってみ? や、ちょっと待ったやっぱウソ聞きたくない言ったらキルユー私のメンタルはよわよわなのだ Maybe blue でも Don’t give upあなたの一番になりたい寂しい、、、 |ω・`) 好き好きびーむあなたは私だけのもの どうしようもない
立ち止まった肩に明日へ向かう風を感じてた街の灯り星屑みたいに二人包むけど 「それぞれに違う輝きがある」と笑う君が 一番眩しく見えるよ 君は流星のように 孤独なツバメのように夜の闇を切り裂き行けるはず時計じかけの日々に 流されそうな時は忘れないで 一人じゃないこと 「自分らしさ」なんて考えても意味なんてないねどんな時も君は君だからありのままでいて ポケットの中をカラッポにしても大事なものは 左の胸に残ってる
朝の陽を浴びて あの海が輝く… 君は僕のこと 何も知らないとそう言われて 急に息が出来なくなる 知らず知らず 好きになっていたその現実に はじめて気が付いた砂の上をうつむいたままであなたの足跡だけたどってた Every time I just think of you太陽が昇り 月が沈むまでEvery time
まだ頼りないその手を伸ばして君とあの虹の始まり追いかける手を繋ぐ 雨上がりの空には吸い込まれるような青さが広がっていた 滲む汗と揺れてなびく髪になぜか君が消えてしまう気がしたんだそれは正しいようで だけど無情なもの 君は知っていたの?この地球(ほし)で 夏の空を見上げてる二人は時を止めるあとさ 君とどれくらい一緒にいられるのだろう思うよりもただ早くその手を握りしめる君の表情(かお)は見えなくてあの時気
朝になる前に夢をみてね寝たふりでいい 灯りを消して枕元で巡らす想いぎゅうぎゅう詰めの心で 素直でいればよかったのかなもう遅いか 手遅れかな……って沢山のこと 思い知って自分を嫌いになる夜は 今日で終わらせよう記憶も薄れて消えてくから 言い訳なんて何でもいい最後は誰より自分が可愛いものでしょ些細なことだから忘れて貴方が選んだその道をずっと進んで 裏切られた気持ちのやり場に困ってるの 貴方も腫れた目して ねぇ
君の名前 何があっても必ず呼ぶからAh 君はギザギザハートの持ち主触れるものは何でも傷つける世界の全てを睨みつけてその目は言うんだ 僕はここにいる 誰かが笑ってただから引いたんだ その境界線それなら私がその手を引く連れてくから 言えないならこの手を強く握って 離さないで君はもう一人じゃないんだって知ってほしいんだよ 君が嘘をついてしまうのはそれが誰も傷つけないからほんとの事はいつも辛くて悲しいものだと君は
手紙を書くよ拝啓 まだ頼りない君へ急に一人にさせてしまうこと 謝るよ 泣き虫の君を思うと僕の胸は張り裂けそうだけどね 君は君が思っているよりも ずっとずっと強いんだ 僕は知ってる君はだけど僕を探し泣くんだろうああ ごめんね 僕は笑ってちょっと出かけてきますって嘘をついたんだ もうここに戻ることもないだろうだから僕の部屋は君の好きにすればいい 僕の物片付けてしまってさ 思い出はね たまに重くなって君の足を止
広げた傘で空から隠れた私はどこにも行けないままそっと頬が濡れてく感触水溜り映る私は泣いていたの 呼び止めようとした君への言葉はただ情けなくてもう届かないよ きっと空に浮かぶ雲になって 願うたびに消えそうな世界あと何回 もう何回だって私夢見て解かずにいて その想いだけはまだ離さないで 滲む視界 立ち尽くしていた私はこのまま色褪せてく 願うたびに消えそうな世界あと何回 もう何回だって私夢見て解かずにいて その
君を独り占めしてみたいのです 今これからあたしが君に暗示をかけるいい? じゃね 軽く目を閉じてみてあたしがいいよって言うまでそのままだよ 余計な感情(モノ)は見えなくていいだってだって都合が悪いことだってあるし口にしちゃいけないことくらいあたしだってちゃんと持ってたりするんです 君を独り占めしてもいいかなちょっとの間だけ許してほしいまじまじ見つめてしまっているなう穴が開いちゃうくらい見ているんです というわ
Ah 桜散らないでよもう一度キミに会いたいキミがいないとダメになりそうでも笑ってね サクラ涙 春風にうたれ ちれじれ乱れる花びらかなわぬ恋模様手を伸ばしてもひとひらも掴めない「サヨナラきっとまた会おうね」なんて約束果たせぬまま何年過ぎたの 桜咲いて 思い出すよあどけないキミの笑顔キミに会いたいこの街の何処で今何してるかな?ねぇ 春雪舞い上がる キミのとなり桜並木最後の会話は切なすぎて甘酸っぱい味がしたあの
泣きたいときは泣いていいよねHello Hello My Loveキミを想うと苦しくなるの涙が止まらない悔しいくらい今恋してるHello Hello My Love世界で一番キミが大好きOh My LoveI’m Just In Love アイツのどこがそんなに好き?友達はみんな 不思議がるけどなぜか出会う前からずっと一緒にいた気がしてキミが笑うと嬉しくなるもどかしいくらい切なくもなる飾らないその笑顔 私だけ