風に揺れていた 小さな花にふっと君を 思ったよそれは懐かしい 記憶のしおりずっと 知ってる匂い君を今 今感じるその心ごと そばにいるような 淡いぬくもり時間の過ぎ行くままに 壊れないように胸にそっと 仕舞ったよとある昔から 光が届く星に願い 散りばめて「じゃあね また明日」 約束したよここで 僕らの場所でそうだ今 今信じるこの世界中 溢れ出す想い たったひとつの繋がった星座みたい 手をつないだら夢