夏の神様 – The Super Ball

叶えたい 応えたい
背負い込んできたものが
どれだけ重くたって
構わない 押し返してみせるさ

限界だ そのキャパを
何度越えてきたことか
酸素が足りなくて
倒れ込んだ先で
咲く花を知る
まだ負けられないだろう

夏の神様を振り向かせろ
掴め 未来切符
血が滲んだ手と傷む足でも
諦められないだろう
たとえ長い道なき道続いても
辿り着いてみせる
泥混じりの その滴が
夢を照らす光になるまで

情けない 不甲斐ない
アウトになるたびに
焦りが顔を出して
迷いの中 立ち止まってしまったり

悔しさも 苦しさも
一歩前へ行くために
必要な燃料で
走り続けた先で
待つ喜びに
今から会いに行くんだ

夏の神様を振り向かせろ
開け 俺のドア
灼熱の太陽より熱くなれ
燃え輝きたいんだ
たとえ遠く背中見えなくても
追い越してみせる
泥混じりの その滴が
夢を照らす光になるまで

夏の青い空に響かせるんだ
鳴らせ未来の鐘
怖いものなんてない
ぶつかればいい
ここまで越えてきただろう
たとえ苦い結末が運命(さだめ)でも
蹴散らして変えてみせる
雨上がりの 虹のように
終幕(さいご)には流したもの全て笑顔に